スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
運命と自由の先に希望があった? 1 このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-08-22 Thu 10:57
運命論と呼ばれる考え方があります。

これはつまり、世界とは神様のような超越的な存在が完璧に作り上げたもので、作り上げた時点ですべては決められていて、誰にもそれを覆すことはできない、という世界の解釈の仕方です。

ぼくはこの考え方、キライでね~。だって、自分がどんなに悩んで、一生懸命考えて行動したとしても、それは神様の思し召しのまま、すでに決められていたことで、いわば神様の手の中で踊らされていただけだっていうんですから。

あんまり人のことをおちょくんじゃないよ、神様よぉ、ってなもんですよ。だいたい神様とか宗教とか、ぜんぜん信じてませんからなおさらです。



それに、この考え方って、証明できないですよね。

だって神様の作った筋書き、だれも見たことないですもんね。まぁたまに予言者気取りの人なんかが出てくることありますけど、ピタリピタリと百発百中、なんて人、いた試しがありません。

「イヤ、実はいるんだよ」なんて言われても、そんなの目の前に出てきて実際に予言してくれなきゃ信じられません。

まぁそんなわけで、ぼくはこの運命論的な考え方については、否定はできませんけど、肯定もできない。そしてキライ、という立場を長らく取ってきました。



そして、もうひとつ言えば、信じたところで役に立たない。むしろ、ぼくらが自由意志で行動しているという生きるためのモチベーションを下げてしまうと思ったんですね。

ぼくは、学問というのは役に立ってなんぼだと思っています。仮に運命論が真理であったとしても、それが僕らの人生の役に立たないならそんな真理はいらない。

そういう意味もあってキライだし、役に立たないから必要ない、という立場だったわけです。



それが、ここへ来て変わってきました。

それはまず、この運命論というのは、必ずしも我々が持っている(はずの)自由意志と矛盾しない、とわかったから。



というのは、仮に運命論を信じたとしても、だからといって自分たちの意思がなくなるわけではありません。

「運命が決まってるなら何をやったってムダじゃないか」と言って自殺することは可能です。それも運命。でも、そんなことしたくないよね?

仮に運命論を信じても、ぼくたちは相変わらず、自分の自由意志で毎瞬毎瞬やりたいことを選ぶことができます。すくなくとも、そのように認識することは可能です。

つまり、世界が運命論的な世界観によって動いてようがいまいが、ぼくらの自由意志は侵されはしないわけです。



それどころかむしろ、実は運命論を信じることによって、この世の中をより安心して、怖れを手離して生きていく、そんな考え方があるんじゃないかと気づいたんです。

それなら、運命論は役に立ちます。それが真理であるかどうかは知りませんが、役に立つ。




では、その考え方とは何か?

それは・・・

長くなるので次の記事に譲ります。
別窓 | 考えたこと | コメント:0 |
お休みは読書三昧 このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-08-20 Tue 00:56
いやはや、お休みを満喫しております。

と言ってもこの2日はほとんど読書(笑)。あ、あと今さらながら「マトリックス」を見ました。

「マトリックス」で描かれている世界って、コンピュータ上の仮想現実、と捉えるのが一般的だと思いますが、実はあの世界こそが我々がこうして生活している現実世界そのもの(に極めて近い世界)なんだ、という説がありまして、それを確かめるためにはじめて見ました。

まぁ今さらマトリックスの話するのもどうなのよ、という感じなのでこの話はこのへんでやめますが、でもこの「現実世界」は実は「本当の自分」が見ている映画やゲームみたいなものだ、という世界観は古代中国哲学の頃からあるもので、ブッダやキリストも実はそういうことを言っているんだけど、その言葉が伝えられる間に曲解されてしまったんだ、というのは歴史観としてはほぼ間違いないようです。

・・・なんて、ぼくは歴史のことは全然詳しくないので、ここ最近読んだ本やインターネットでの限られた情報だけがソースなので間違ってたらごめんなさい。



読書の方は、少し前までバシャールバシャール言ってましたが、その後いろんな本を読んだりしているうちに、バシャールさんと同じことを言っている人は紀元前の昔からたくさんいたんだということがわかってきて、すっかりビックリ、そして「これって間違ってないんだ」ということに確信を強めているところです。

まだまだ自分の中では大きなジグソーパズルが部分的にくっついてるだけでちゃんとした完成形は見えてないんですが、このまま進めれば少しずつでも完成に近づくという確信はあるので、どんどん勉強していきたいと思います。今年旅行に行けなかったのはそのせいなんだね、きっと。

別窓 | つぶやき | コメント:0 |
明日から夏休み♪ このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-08-16 Fri 23:23
アーヤは明日から夏休み♪

8/31まで長いおやすみです。

ただ、後半は店内改装作業で店には行くので、実質のお休みはⅠ週間。

ここ数日で読まなくてはいけない本が増えて今5冊くらいあるので、うっかりしてると読書で終わってしまいそうです。

あしたは友だちの結婚パーティー。急きょ撮影係を頼まれたので少し早めの参加。楽しんできます☆
別窓 | つぶやき | コメント:0 |
借金10で3位になってCSを勝ち抜き、日本一になったチームが「本当の英雄」になる方法 このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-08-15 Thu 02:51
今シーズンのセ・リーグは、このままで行くと3位でクライマックスシリーズに行くチームはシーズン負け越しのチームでしょう。ヘタしたら、借金10以上のチームになる可能性すらあります。

そんなチームが日本一をかけて戦う(リーグ優勝はペナントレースの1位のチームです)のはいくらなんでもおかしいので、その場合は本当は負け越したチームは辞退するべきでしょう。

ただ、このルールはポストシーズンの貴重な収入源という側面もあるので、ルール上負け越しても行うことになっており、このルールを現状で変えることは不可能でしょう。

今年、借金10のチームが勝ち上がって日本一になってしまったらさすがに変更するかもしれないけど、やっぱり一度そういう前例ができて、それに対してファンが「おかしい!」と声を上げない限り無理だと思う。



まぁそんなわけで、借金チームがクライマックスシリーズに出場する可能性が非常に高いわけですが、その時そのチームには、「我々はクライマックスシリーズに出場する資格はないと思う」と監督なりオーナーなりが言ってほしいものだと思う。

「ただ、ルールとして出場しなくてはいけないので出場する。出場する以上、全力で勝ちに行く。そして勝った暁にはそれを辞退して、今年は「日本一チーム該当者なし」としていただこうと思う。そして日本一になると入る分配金については、全額を子どもたちの野球振興のために役立てていただくつもりだ」

なんてことを言ってくれたらかっこいいなと思う。



もちろん、目の前にある多額の収入を捨てるようなことを許さない大人たちは多いでしょう。でも、冷静に考えれば、こうした態度をとることによって獲得できる新規のファンはかなりの数にのぼると思う。

それは、目先の数千万~数億円を1年で凌駕する可能性だって十分あるんじゃないだろうか。

そして、一度ファンになった人は、こういう仁義に対して好感をもった人は特に、そう簡単にはファンは辞めないと思う。少なくとも、その仁義を捨てるような行動を取らなければ。



そして、そのチームがこういういい空気を野球界に送り込むことで、野球界全体が浄化されるということもあるんじゃないだろうか。もう今時代は、そういうところに来ていると思う。

別窓 | 広島東洋カープ2012~ | コメント:0 |
香り=深呼吸=心のバランス このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-08-15 Thu 01:18
昨日、お香を買ったという記事を書きましたが、お香、非常にいいですね。

香りって大事だわ~。

以前も、お香やアロマ(精油)を使っていたことはあったんですが、その時は、ふつうに「いい香りだな」と思うくらいでした。

でも、今日気づいたんです。

いい香りがすると、しっかり呼吸をするんです。意識しなくても、深呼吸するんですよ。

これは非常に大事なことですよね。

しっかり呼吸をすると、心が落ち着いて、とってもバランスが取りやすい状態になります。つまり、自分の軸に自然に戻りやすくなる。

こういうことが大事だと知ったのは、バシャールさんや、同じような哲学を持った方々の言葉を理解できるようになってからです。

その意味では、このタイミングで「お香買ってみようかな」と思ったのも偶然じゃないんですね。必要なタイミングになったから、それが目の前にあることに気づいたという感じ。

こういった小さなことも、「あ、今オレ乗れてるな」と感じる要素となっていて、とってもいい感じです♪
別窓 | 考えたこと | コメント:0 |
BACK | 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。