スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
自己肯定感のない身も蓋もない人生について このエントリーをはてなブックマークに追加
2012-03-06 Tue 02:39
3/5のほぼ日「今日のダーリン」を引用します。


 なんども、ここで「自己肯定感」ということについて、
 言ってきている。
 気になってしょうがないことばなのだ。

 ちょっと耳にしたり目にしたりすると、
 「じぶんのことばかり、いいと思ってる」そういう感じ?
 なんて思えるかもしれない。
 うん。そういうことでもあるのかな。そうかもしれない。
 でも、それだけで言い切れないとわかるのは、
 逆のイメージを想像してみたときだ。
 
 逆は、「自己否定感」あるいは「自己肯定感がない」。
 これについて、「謙虚でいいじゃないか」と思うかな?
 もうちょっと想像してみたら、どうだろう。
 「じぶんは肯定されてない」と感じながら生きてること。
 そんなふうな意味になると思う。
 これは、とてもきついことだろう。
 「いないほうがいいのかもしれない」という思いと共に、
 日々を過ごすということは、人のいのちを削っていく。
 人どころか、犬やら猫やらだって同じだ。
 「いないほうがいい」と思われながら、
 飼われていたり、捨てられたりしているものもいる。
  
 「じぶんはいてもいい(に決まってる)」と、
 思って生きていられることと、
 そう思えずに生きていることとの間には、
 とんでもなく大きなちがいがあると、ぼくは思う。
 ほめられたりかわいがられたりしながら育つ子どもと、
 貶されたり馬鹿にされたりしながら育つ子どもとでは、
 たぶん「自己肯定感」に、ちがいができるだろう。
 おそらく、おとなになってからでも、そういうことだ。
 
 「自己肯定感」ということばを、
 意識しながらいろんなことを考えている。
 それを失っていそうな人を見たとき、
 それを感じられないじぶんを発見したとき、
 他人のそれが否定されている場面に出合ったとき、
 これはいけない、と気づくようにしている。

 自己肯定感って、「わがまま」のことじゃないよ。
 昼寝している犬の寝顔みたいなものだと思うんだ。

ほぼ日刊イトイ新聞3/5版 「今日のダーリン」


自己肯定感。どうもボクは苦手みたい。

苦手というのは、持ちたくても、どうしても持つことが難しい、という意味だ。



例えば「ワンピース」を読んで、心ひかれる人物はニコ・ロビンやポートガス・D・エースだったりする。

この二人の共通点は、小さい頃に「お前なんて生きている価値がない、生まれてこなければよかったんだ」と言われていたこと。

この二人には、自己肯定感を持つことはとても難しかった。そしてそれが故に、屈託なく自分の存在を肯定してくれるルフィの存在が、二人にとってそれぞれにかけがえのないものだったりしたわけだ。



自己肯定感。



別に自分がほめられかわいがられてきた存在でないと言いたいわけじゃない。むしろ過分なほどの愛情を受けてきたという自覚さえある。その上で、自分には「自己肯定感」が欠けている、という自覚もある。これは一体なんなんだろう?



この問いに答えなどないのだ。答えを求めれば求めるほど、この問いは自分や自分の身近な人を追い詰める。



「これはいけない」ということに気づいてはいるのだ。でもどうしていいかわからない。

イヤ、わかっているつもりではいる。それは、自分を肯定できるような過程を通過したうえで結果を残すこと。でも、それが、難しいんだ。



その時に必要なのは、たぶん自分だけで片付くことではなくて、誰かの評価なんじゃないだろうか。その「誰か」とは、特定の人かもしれないし、大きなくくりでの「ひとというもの」かもしれない。

そしてきっと大事なのは、「そのひと」を「自分で決める」、ということだ。とにかく自分の回りにいるひと、とかだと意見がブレすぎて自分の軸がなくなってしまう。そうではなく、「この人の言うことはすごく分かる」という人の意見だけを信じるようにする、とか。



ん? 話がそれたかな。




おそらく今社会で活躍している人々の共通点は「自己肯定感」を持っていることなんじゃないだろうか。でもそれも永久のことでは決してなくて、ある時ふと「自己肯定感」をなくしてしまい、坂道を転げるように転落してしまうことだってあるだろう。



ああ、「自己肯定感」とはその程度のものだ、と思うのがいいのかもしれない。つまり、良いときには感じられ、悪いときには決して感じられないもの。



これじゃあ身も蓋もないような話だけれど、案外人生なんて身も蓋もないのかもしれない。
別窓 | 2011ほぼ日関連 | コメント:0 |
<<雑貨を大量発注☆ | 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ | ラッピング、レベルアップ?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。