スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
アーヤなりのカオスでお客さんを魅了したい! このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-11-28 Mon 23:00
今日は参加している勉強会の会報誌や、その勉強会仲間(というか先輩)の方から送られてきたそれぞれのお店の会報誌をじっくり読みました。

セール前やセール中に届いたものが多かったのだけど、バタバタしていたのであえて読まずに置いておいたんですね。で、時間がとれたので、今日まとめて読みました。



そうしていろいろな実践を目の当たりにすると、やっぱりいろいろと考えるわけで。



会報誌を出したり、イベントをやったりということは、単純にお客さんに楽しんでもらったり、アーヤのことを忘れないでいてもらうために大事なことだから、まずは難しいことを言わずにやろう、続けよう、という考え方があります。

これは当然で、やらないよりやったほうがいい。

でも、こうしたアクションを起こすことで、お客さんにもっとお花や雑貨を好きになってもらったり、「うちに花や雑貨を飾りたいわ」という気持ちになってもらうことってとても必要で、そこが到達すべき場所なんだってことを忘れちゃいけない。これが、つい忘れちゃうんですよね~。

ここを忘れて、「とにかくお客さんが喜んでくれればいいや」となってしまうと、店としての軸がぶれてきてしまう。品ぞろえやお店の雰囲気がばらついてきて、店としての特徴が散漫になってしまう。



もちろん、それこそドン・キホーテみたいにひっちゃかめっちゃかなカオス状態が店の特徴、っていう場合もあると思うんだけど、それはアーヤじゃないからね。

ヴィレッジヴァンガードなんかもカオスだけど、あのカオスはカオスなりの秩序があるし。

その意味では、アーヤなりのカオスを目指すのが究極の目標なのかもしれない。



ただその前に、「アーヤってこういうお店だよね」というイメージを持ってもらわなきゃいけない。というか、今もイメージはあると思うんだけど、今よりもっと「アーヤってステキ!」と思ってもらわなきゃいけないな~と感じたんですね。



そのためにできることってたくさんあって、今日はどんなふうにしたらいいかを考えてました。



まだ今書けることはないけれど、やっぱり庭なんですよね。アーヤの庭が、みんなが真似したい庭にならなきゃダメなんだよな~。

そうしたら、アーヤに来るたびに、お客さんの「自分ちの庭をステキにしたい!」という欲求、モチベーションを上げることができるようになるはず。



じゃあそのためには? っていうのは、いま妄想中。

でもこういう妄想、楽しいんですよね~。

簡単に実現することではないけれど、でも向かうべき道筋がおぼろ気ながら見えてきたことはとても心強いです。

勉強会の皆さんに感謝。
別窓 | アーヤとヒグチファームのこと~2011 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アーヤの畑のハクサイを初収穫したよ♪ | 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ | ユニクロとマックスバリュで寒さ対策の巻>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。