スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
今回のセールの客層がこれまでとガラッと変わった理由とは? このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-11-21 Mon 23:12
アーヤの開店16周年セール3日目が無事終了。

平日なのでお客さん少なめかな~、と思ってましたが、予想よりも多くのお客様にご来店いただきました。



そして今回のセール、お客さんの行動に、これまでとは違った特徴があるんです。



それは、お店での滞在時間が非常に長いこと。



30分くらいいるのは当たり前、1時間以上いられる方も結構いて、あるお客さんはクルマのバッテリーがあがってしまうというアクシデントも!

さいわいうちの物置にケーブルを発見して事なきを得ましたが、そのお客さんも家族連れで来られて、お母さんがお花を見たりお父さんとお子さんが庭で散歩したり、アーヤで楽しい時間を過ごしてくれていました。



1年半前、タウンニュースに「1円セール」を目玉として広告を出したときは、とにかく「1円はどれ!?」と殺気立った雰囲気が店中に流れ、必要な買い物を済ませて帰る、というお客さんが多く、滞在時間は長くありませんでした。

そして、このときは約600名の名簿を作ることができたんですが、その1年後までにリピートしてくれたお客さんは半分ほど。結局、アーヤの店の雰囲気とマッチしたお客さんは少なかったんだな、という結論になりました。もちろんリピートしていただいたお客さんも半分いらっしゃいますから、それは良かったんですけれども。



今回に話を戻すと、長く滞在してくれているということは、アーヤの雰囲気や品ぞろえを気に入ってくれているわけです。

それは見ているだけでわかって、一緒に来たご家族や友達と話す声のトーンが高くて楽しそうだし、スタッフに対して「すてきなものばっかりですね!」と実際に声をかけていただくこともいっぱいありました。



ただ、ここでふと疑問に思うことがあって、それは、今回のタウンニュースでも、大見出しは「花と雑貨が最大5割引!」という価格を訴求する広告にしたんです。

にもかかわらず、入ってきたお客さんに「ここが半額コーナーです~」と言ってもそれほど反応してくれなくて、普通にお花や雑貨を見に来ている。半額コーナーには目もくれず、通常の商品(そっちも2割引きなんだけど)を落ち着いて見ているんですね。



もちろんこういうお客さんが来てくれるのはとてもうれしいんだけど、でも疑問なんですよ。

「じゃあみんないったいあの広告の何を見てアーヤに行ってみようと思ったんだろう?」


・・・あ、ちなみにその広告とはこちら。
http://www.townnews.co.jp/0301/2011/11/17/125251.html


今後の広告の作り方にもかかわってくる問題なので、「行ってみよう」と思った理由をリサーチしていければと思っています。

やっぱアレかな? ぼくの男前な写真が載ってるからかな?(笑)

別窓 | アーヤとヒグチファームのこと~2011 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<いい夫婦の日にできること? | 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ | トレーニングを始めたら腱鞘炎が治った?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。