スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
巨人の内紛劇の裏で何かが起こっている? このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-11-12 Sat 23:26
なんか巨人の周辺がヘンテコなことになってて、なんでしょうかアレは。

本当のところは分かるわけもないけれど、なんかひとつのコンテンツとして楽しめますよね。



清武さんの腰砕けクーデターのあり得なさ。

取ってつけたようなスキャンダラスな名前、江川。

会見が行われた場所が文部科学省。

なんとなく、ただのポーズに感じるナベツネさんの反論。



裏で何かが動いてるのの、カモフラージュ? とか思いたくなるじゃないですか。



今ちょっと調べたら、例の会見の時に、「なんで文部科学省で会見なのか」ということを同席した弁護士が説明してるんですね。

でもこの説明もなんかへんじゃない?

以下引用。

 巨人・清武代表とともに会見に臨んだ吉峯啓晴弁護士(吉峯総合法律事務所)は、文部科学省記者クラブで会見を開いた意図について説明。

 「文部科学省はプロ野球も所管している。各球団はきちんと内部統制、コンプライアンスを守ってプロ野球の発展に向けてやっていくということが前提。それが極めていいかげんな“渡辺商店”のような形になったのでは大変重大なこと。そういう意味では当然、文部科学省も無関心ではおれない問題。そういうことの本質を踏まえた」と説明した。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/11/12/kiji/K20111112002011470.html


てことは、文部科学省も渡辺氏の行動を把握し、それを問題視してるってこと?

それとも問題定義をするために、場所を借りたってこと?

てか文部科学省ってそんな簡単に場所借りれるの? オレも借りたい!



そして、こういうセッティングが妙に用意周到なのに、清武さんのやってることがまったく態をなしていないのがおかしいんだよね。

内部告発をわざわざ会見を開いてやって、しかもそれは独断でやったことで、内容はただ告発するだけ。渡辺氏に具体的にやめろとかどうするべきだと言うこともない。



なんだそりゃ、ってかんじじゃないですか?



そしていわば飼い犬に噛まれたような形のナベツネさんは、烈火のごとく怒っているかとおもえば左にあらず、イヤ、怒ったポーズはしてるけど、清武氏の処遇については

今回の清武君の行動は、会社法355条の「取締役の忠実義務」違反に該当すると思います。しかし、記者会見の直前、彼から電話でGMの仕事はさしあたり続けさせてほしいとの要望があったので、これは了解しました。今後の対応は、本人の反省次第であり、現時点ではただちに処分を求めるつもりはありません。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111112-00000562-san-base


だって。

これもなんか気持ち悪くない? 記者会見の直前に電話でGMの仕事はします、と言っていて、記者会見の後もそれを了承したことは撤回しない。なんで? 会見の内容、青天の霹靂だったんじゃないの? もしかしてナベツネさん、記者会見で清武さんが何を言うか知ってたってこと?



・・・とまぁ隅から隅まで何かが不自然な今回の内紛劇。なにか別の事件などをカモフラージュするため、読売グループ総出(with 文部科学省)でやってたとしたらかなりスリルがありますが、なんなんでしょうね。




カープファンとしてはそんなことより栗原がFAしそうで気が気じゃないんですが、球団の対応があまりにもひどいようなのでこれで栗原が出て行ってしまったら、カープを応援するテンションがだだ下がりしそうで怖いです。



日本シリーズ開幕だというのに、野球界周辺はなんだかきな臭いです。
別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「これください」は「あなたが好きです」と同じことなんじゃない?~デザインフェスタで気づいたこと | 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ | デザフェスで理想のルームシューズに出会う計画!?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。