スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
『私と仕事、どっちが大事なの!?』というあのヤバ~い質問に対するたった一つの正解、知ってる? このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-11-09 Wed 21:05
今日読み終わった本が面白かったのでご紹介。

ナチュラル女子脳がやってきた どうして女性社員はあなたの言うことを聞いてくれないのか

こういう本を読んでいるとうちのスタッフに知られると「まぁ、私たち言うこと聞かないと思われてるの!?」とか思われちゃいそうですが、あくまでボクが自分の言いたいことを伝えやすい言葉を見つけるために、男子脳と女子脳の違いを知ろうと思って読んでるんですよ、とか言うとやっぱり弁解みたいだね(笑)。

でも大丈夫。みんながぼくの持ってくるピント外れの商品を、一生懸命売ってくれていることにいつも感謝しています。



まぁそれはともかく、この本は冒頭に、世の男性にとって永遠に正解を答えられないと思われる、あのこわ~い質問の答が書いてあります。

その質問とは、


「私と仕事、どっちが大事なの!?」



キタ~~! もう、言わせちゃったもん負けとも言える、どうしようもない質問ですよね!?

さて、これを読んでいる男性諸君、この質問にどう答えますか? もしくはどう答えたことがありますか?



この本の中ではすぐに答えを教えてくれるのですが、このブログでは先に男子脳と女子脳の違いについて書いてみましょう。ちなみに本の内容と、ぼくの解釈とないまぜになっているのでご注意アレ。



男と女って、もう脳の構造からして違っている、って知ってました?

女性の脳は、右脳と左脳がより強く連携していて、男性の脳はそれほど連携がとれていないんです。

(もちろん連携のとれている男性やとれていない女性も存在するんですが、全体の傾向としてのお話です)


それぞれを、女子脳=アナログ回路、男子脳=デジタル回路とこの本の中では表現しており、その定義はどうなっているかというと、

五感から入る様々な情報を統括した、インスピレーションや直感、つかみ、情を作り出す回路が”アナログ回路”といえます。

「ナチュラル女子脳がやってきた どうして女性社員はあなたの言うことを聞いてくれないのか」 P26

合理的思考を作り出す回路が”デジタル回路”となります。

「ナチュラル女子脳がやってきた どうして女性社員はあなたの言うことを聞いてくれないのか」P27



こうした違いがなぜ生まれるのか。

それは、女性という性特有の、生物学的にもっとも大事な仕事である出産と子育てにおいて、必要とされる能力は子どもの状態を観察し、その変化にいち早く気づくことであり、子育てをする上で必要な情報を周囲からゲットする能力だからです。女性がおしゃべりが好きなのも、そうやって必要な情報を得るために身につけた、必要な能力だからなんですね。

一方で男性は、子どもや奥さんを食べさせるために外界から食物を取ってこなければならない。そのために空間把握能力を強化しました。空間把握に大切なのは、何が手前にあり、何が遠くにあるかを判断できること。つまり、物事の序列を把握することです。それが故に男性は、合理性や秩序を大事にするようになりました。

また、女性は子育てや毎日の家事など、毎日続いていく仕事をするため、ひとつひとつの過程を大事にするのに対し、男性は獲物を取る、というようなハッキリした目標やゴールを大事にするため、ご褒美となるものが違います。女性が一つひとつの仕事を大事な人に認められることにうれしさを感じるのに対し、男性は仕事が終わったら飲みに行くとか打ち上げをするとか、あるいは昇格する、給料が上がるといった「結果」に生きがいを感じます。




このように、それぞれがアナログ回路とデジタル回路をその必要に応じて進化させてきたので、男性と女性が別の脳の構造をしているのはごく当たり前のことなんだと。

そのことをお互いに認め、尊重するところからスタートすれば、



「うちの女子社員はおしゃべりばっかりしてぜんぜん仕事しない!」

とか、

「うちの男性上司はぜんぜん私のことをわかってくれない!」

とか言って、お互いに相手の至らなさをあげつらう必要もなくなります。だってそれが当たり前なんだから。




そもそもこうして役割分担をし始めたのは、そうしなければ厳しい世界を生き残れなかったからで、そういう意味で、男と女ってやっぱり運命共同体なんですよね。

だから、男も女も相手のことなんてぜんぜん理解出来ないけど、だからダメなんじゃなくて、だからひとりではできないことができるようになるんだよ。男と女はお互いにおんなじこと考えて、おんなじ行動がとれるよりも、ぜんぜん違うし理解できないんだけど、見てて面白いからいいや、みたいな関係のほうが健全なんでしょう。








てなことで、冒頭に戻りましょうか。

「私と仕事、どっちが大事なの!?」に対する答え。



きみが大事だよ。けど、きみを大事にするには、仕事も大事でしょ?

「ナチュラル女子脳がやってきた どうして女性社員はあなたの言うことを聞いてくれないのか」 P11


お、オレ正解! と思っちゃった男性諸君、これこそ男性脳が導きだす答え。正解じゃありません。

本当の正解は…、




ここで聞かずに本を読むことをお勧めしますが、それも意地悪なので↓へどうぞ♪


さて、「私と仕事、どっちが大事なの!?」に対する答え。




それは、




きみを傷つけているんだね。申し訳ない

「ナチュラル女子脳がやってきた どうして女性社員はあなたの言うことを聞いてくれないのか」 P12



だそうです。




なるほどね。

まぁこの正解知ってるからって、実際にその場でこれが言えるかどうかって分かんなかったりするけどね(笑)
別窓 | 2011読書 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ガラスのひざでトレーニング再開? | 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ | セミナーに参加してきたよ>>
この記事のコメント
「君に決まっているじゃないか!!君を幸せにしたいから働いてるんだろう?」
だと思った私は男性よりなんですかね?

(しないけど)どっちが大切か問い詰めて「君を傷つけていたんだね…」なーんて言われたら「へっ?」ってなりますが、もしかしてそれが狙いなんでしょうか?
難しいですねー
2011-11-09 Wed 21:49 | URL | はるか #-[ 内容変更]
Re: タイトルなし
おや、複雑脳をお持ちのはるかさんこんにちは。

この本読みながら、ケーススタディーとしてあなたのことはよく考えたんだけど、
あなたは男性脳と女性脳、非常に複雑なバランスで持ち合わせているようなので面白かったです。
よかったら貸すので読んでみてください。

で、
> 「君に決まっているじゃないか!!君を幸せにしたいから働いてるんだろう?」
> だと思った私は男性よりなんですかね?

は、男性よりなんでしょうね。

この言葉を発する女性は、決して正解なんて聞きたいわけじゃないんですよ。
だって、
「君に決まっているじゃないか!!君を幸せにしたいから働いてるんだろう?」
って言われても納得しないでしょ?

「そういうこと聞きたいわけじゃない!」
ってキレられる可能性が高くない?



彼女だって別に、仕事より自分を優先させてほしいわけじゃない。
仕事に行くのは仕方ない、ってことは分かってるはずなんです。

それでもそういうことをいうのは、彼が自分に対して好ましくない行動をとったから。
彼がそのことに気づいているかどうかは関係なく。
(てかたいてい気づいてないでしょう)


そういう経緯があった後ならば、

「キミを傷つけていたんだね」という言葉はこころに響くんじゃないかなぁ。

まぁ、「一体どうして傷ついたか分かってるの!?」とか言われて、答えられないとおんなじかもしれないけど(笑)


そして、アナタが男性よりだと思うのは、

>(しないけど)どっちが大切か問い詰めて「君を傷つけていたんだね…」なーんて言われたら「へっ?」っ>てなりますが、もしかしてそれが狙いなんでしょうか?
>難しいですねー

の、(しないけど)と言えちゃうことに対して、男性脳だなぁ、と思うわけです。
2011-11-09 Wed 22:44 | URL | 樋口サトシ #dybrQmbA[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。