スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
人はなぜ、わざわざ身体に悪いものを食べたいなどと思うんだろう? 生物としてヘンだと思わない? このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-09-21 Wed 21:21
いやぁ、すごい台風でした。

ぼくの住んでる家は何事もなく無事でしたが、おそらく店は何がしかの被害が出ていると思われます。確認は明日になりますが、ビニールハウスがやられていないことを祈ります。



台風が一番ひどかったのは4時前後だったでしょうか。その時僕は安全な家の中から、外の様子を伺ったりしながら、ちょっと出てみたいような誘惑に駆られました。

で、ふと思ったんだけど、よくこういうときに外の様子を見に行って怪我をしたりする人がいるじゃないですか。アレっていうのは、確かに心配だというのも大義名分としてあるんだけど、それとともに、「このたいへんな状況を体感したい」というような、無意識の欲求があるんじゃないか、と思ったんです。



ひとってそういう、「あえて自分を危険にさらす」というような根源的な欲求があると思いません?

というか、なんていうのかな、人の行動って、必ずしも「じぶんの生存を第一優先で考えている」わけじゃないと思うんですよ。



ぼくは以前から、「人はなんでわざわざ身体に悪いものを好んで食べたりするんだろう」と疑問に思っていたんです。人が「自分の生存を最も大事な欲求として行動する生物」だとしたら、きっとスナック菓子やファーストフードを食べたり、コレステロールがたまりまくるような食生活は送らないはずです。もっといえば、酒だってそんなに飲まないだろうし、タバコも吸わない。麻薬や覚せい剤なんてとんでもない、という話です。

でも、ひとはそういう「明らかに自分の生存を危険にさらす行為」を往々にして行います。



で、ふと思ったのは、セックスは死とつながっている、というような考え方。

うろ覚えなので今ググってみたところによると、フロイトが「オーガズムは小さな死だ」というようなことを言っているそうですね。

これのフロイトの解釈についてはちょっと分かりませんが、たとえばセックスは生殖行為ですから、「自分の子どもに自分の生を託すという覚悟が無意識に発生している」ととらえてもいいのかもしれません。自分が死ぬ、という前提があるから子孫を残す必要が出てくるわけですから。



だとすると、ひとは「性欲」という根源的な欲求において、すでに死を予見し、死を自らの生の中に内包していると言えるのかもしれません。



それならば、それ以外の欲求の中にも「死」を前提とした行動が表れてもそれほどおかしくはないのかも。



で、こうしたことというのは、別に人に限った話ではありません。セックスは多くの生物が行います。また、動物園の動物が観客の与えたお菓子や場合によってはビニールみたいなものを食べてしまい命を落とす、なんてこともままあります。

そう考えると、「死」を強烈に拒絶する本能を持ち合わせた生物というのは、いないのかもしれない。

つまり、生物は、生まれながらにして「死」を内包している。分かりやすくいえば、生まれたら死ぬのは当たり前、と思っている。そして、死ぬ前にセックスによって子孫を残すことをしたくなるように、自らの身体を作り変えた、と言ってもいいのかもしれない。

そうしてセックスに快感が伴うようになったことで、生物の無意識は「死」を嗜好するような動きをするようになったのかも。



何とも思っていない異性と一緒にゆらゆらと揺れるつり橋を渡ると、「落ちるかもしれない」というドキドキを恋愛のドキドキと勘違いしてその異性を好きになる、という「吊り橋効果」というのがあります。

ひとの感情というのは理屈ではなく、こうした身体的な反応をテキトウに解釈してでっちあげられたりするものです。だから麻薬なんかはその最たる例で、もともとはセックスの疑似体験。それがセックスより気持ちいい(しかも一人でできる)、となって、それこそ人間やめるまで欲しがってしまうことになるのでしょう。



・・・と、何の結論も出そうにない話をくどくど続けてきましたが、少なくとも、人は自らの生存を第一に、合理的に考えて生きているものではない、という大前提を覚えておくのは悪いことではないんじゃないかと思います。

「身体にいいものしかとらない」というような食生活は、必ずしも人の本来持っている欲求とは一致しないんです。「生きる」ことしか考えていない行動は、人の無意識の嗜好とは相いれない。なぜなら、人はその根源的な欲求において、「死」を許容している側面があるから。



だからひとは身体にいいものばかり食べていても、ダイエットをしていてもストレスがたまるんでしょう。それが当たり前なんだ、と認めるところからスタートすれば、もう少しダイエットや禁煙、禁酒なんかもラクにできるようになるかも、しれませんよ。
別窓 | 考えたこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「花といきもの立体図鑑」って知ってる? | 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ | カープ大逆転のシナリオ?(他力本願ver)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。