スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
自分が見ていないとカープが勝つ、という幻想 このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-09-17 Sat 22:51
ん~と。書くことがないな…。



あ、今日はカープが勝ちました。今日はデーゲームだったのでまったく試合を見てないのですが、ぼくが見てないと勝つんですよね~。←というのも、昨日書いた「優位性の幻想」とはまた別の、「コントロールの幻想」というものであるらしいです。

「コントロールの幻想」というのは、自分がコントロールした物事は、完全に偶然によるものであっても、自分がコントロールしていないものよりもうまくいく、と思ってしまう幻想。

雑誌には宝くじの例が出てるんだけど、あんまり分りやすくないので勝手にアレンジしてしまうと、たとえばロト6で、自分が6つの数字を選んだものと、機械か何かにランダムに6つの数字を選ばせたものを比べると、自分が選んだもののほうが当たりやすいと考えてしまう幻想のことです。



人間ですから自分が関わったもののほうが特別だし大事にしたい、というような当たり前の感情を科学的に表現したもの、ということなんでしょうけれども、やっぱりこういうことを知っていると知らないとでは少し人生の身の振り方が変わるような気がします。

まぁそれが必ずしもいい方に出るとは限らないのではないか、とも思いますけれど、どちらかと言えば、自分自身の「自分は特別」という感情をどうこうするというよりは、他人の過剰とも思える自己愛に対して、「これはわがままや自意識過剰なのではなくて、優位性の幻想やコントロールの幻想の影響を強く受けているにすぎないのだ」と考えてあげられればいいのかもしれない。

そうすれば、その人の「わがまま」も、少しは愛おしく思えてくるかもしれないね。



ちなみに、自分が見てないとカープが勝つ、というのは、一見コントロールができていないようにも見えますけれど、ひっくり返して「自分が見ているとカープが負ける」といえばコントロールができていることになりますから、これもコントロールの幻想の逆パターンなんだと思います。

別窓 | 考えたこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<秋冬野菜を仕入れたよ | 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ | 『自分にはこの仕事向いてない』という判断は正しいのか? ~”人を動かす科学”の最前線 すべては「心理」が決めていた~>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。