スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
「後悔と反省の人生」と「ワクワクの人生」どっちがいい? このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-09-07 Sat 23:26
少し前に、運命論と自由意志は矛盾しない、という話を、「運命と自由の先に希望があった? 1」というタイトルで書きはじめましたが、それをつづける前に、もう少し違うアプローチから話してみようかなと思います。

ぼくがこの数カ月でバシャールさんやいろいろな方の言葉から学んだことで生まれた効果で、もっとも実践的なことは「後悔をする必要はまったくない」という認識です。

「後悔」と似た概念に「反省」というのもあります。ネット上の辞書によると、


「後悔」 自分のしてしまったことを、あとになって失敗であったとくやむこと。

「反省」 1 自分のしてきた言動をかえりみて、その可否を改めて考えること。
     2 自分のよくなかった点を認めて、改めようと考えること。

via : goo辞書


ということで、「後悔」は悔やんでおしまいだけど、「反省」はそれを次に活かそう、という意思があることがわかります。



バシャールさんなどがいう、「すべては完璧なタイミングで起きている」ということを信じられると、後悔というものはなくなります。だって、自分が何をどう考え行動していたとしても、それは完璧なタイミングで起こったことなんだとしたら、なるべくしてそうなったわけですから後悔したってしかたない。

また、運命論的な世界観を信じているとすると、反省ということも、特に必須ではないことになります。やることに意味はないとは言わないけど、やりたくなければやる必要はありません。

ただ、この世界が運命論的に動いているかどうかにかかわらず、ぼくらが常に自由意志を感じながら生きていることに変わりはありませんから、次の行動のために「反省」することはそれなりに意味があると言っていいでしょう。

実際問題として、人類の歴史は反省によって進化を遂げているわけですから。



まずそうして、「後悔」と「反省」をしっかりと区別して、「後悔」はしないようにする。

だって、「あ~あの時あんなことしなければよかった。どうしてあんなことしちゃったんだろう?」とかって、考えたってほんとに仕方ないんですよね。でもひとって、ぼんやりしてるとそんなこと考えちゃうんですよ。

もちろん「次から同じことをしないようにするにはどうしたらいいのかな?」と考えるのは「反省」ですからいいんです。そうすることで自分の望む未来を選択することがしやすくなりますから。

ただ、「反省」ってけっこう難しいんですよね。例えば誰かにひどいことを言ったとして、それを今後しないようにするのはどうしたらいいかというと、「相手が傷つくことを言わないように我慢する」なんてことが考えられますけど、これって相手の受け取り方次第だから自分ではどうしようもなかったりします。

また、それ以前に例えば「じぶんがむしゃくしゃしているときは人に会わない」「この人は機嫌が悪いと手がつけられないから会うときは好きなお菓子を持っていく」とか(笑)、そんなやり方を考えだすと、「反省」というのは無限にできてしまって、延々と時間を使ってしまいかねません。



でもその時に、バシャール的な世界観、すなわち「自分の一番ワクワクすることをするのが人生の目的です」という概念を大事にするようになると、この「反省」も非常にシンプルになります。

どういうことかというと、「あの時自分がやったことって、一番ワクワクすることだったのかな?」と考えるだけなんです。

その時に「間違いなく、自分はワクワクすることをしたんだ」と確信できたなら、それでOK。そのときは、相手の受け取り方が悪かったんだから仕方ない、ということになります。

もし「あのときの行動は、ワクワクではなく怖れからやってしまったな」と認識したとしたら、そのときは「反省」して「こういう時には怖れが顔を出しがちだから気をつけて、ワクワクから行動できるようにしよう」と考える。それだけ。



実際、ほんとうに、それだけなんですよ。

そうして、これまで「後悔」や「反省」に使っていた膨大な時間を、自分がワクワクすることのために使えるようになるんです。

すると、これが、しあわせなんですね~。

だって、自分が好きなことをこれまでよりずっと長~く考えていられるんですから。

「後悔」や「反省」は、「じぶんが悪かった」ということをおもに考えているわけですから、気分良くないんですよ。「あいつが悪い」って考えるのだって、気分良くないじゃないですか。そういう「悪さ」について考えるのは精神衛生上よろしくないわけです。



「自分が一番ワクワクすることをする」ということを考えるためには、さっきも言ったように最初に少しだけ「反省」も必要です。「あの時やったことってワクワクすることだったのかな?」と振り返ることは、必要。

でもそれだけすれば、あとはワクワクすることだけ考えていれば大丈夫です。最初はよくわからないかもしれないけど、やってうるちに少しずつ分かるようになってきます。

「後悔」と「反省」の人生と「ワクワク」の人生、どっちがいいかを選ぶのはあなた自身です。

別窓 | 考えたこと | コメント:0 |
<<カープは向こう5年くらいAクラス行けるんじゃないか | 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ | 「紅の豚」じゃなくて「サマーウォーズ」を見ました>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。