スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
「問題」があるのはそこに「問題」があることが必要だから このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-08-12 Mon 21:47
今日はガストで夕飯食ったんですが、ファミレスの店員さんというのは往々にしてマニュアル通りに動く感情のないロボットのように見えるものです。

今日ぼくを席に連れて行ってくれた女の子も、ザッツマニュアル、という感じでとてもキレイな「無表情な笑顔」をぼくにくれたので、密かに「ミス無表情スマイル」と命名しておきました(笑)。



とまぁそれはいいんですが、待つ間、本を読んだりしながらぼんやり自分の抱えている問題などについて考えていました。

(※ここ最近、「自分が抱えている問題」について「しあわせになれば問題は勝手に解消される? 」「「問題」は、なくなればいいってもんじゃない」とつづけて記事にしていますが、ある意味ではそこからの発展版ですのでご興味あればそちらもご参照ください)



そしたらふと、気づいたんです。



「オレはそもそも順風満帆で失敗も問題もない自分自身なんてまった求めてないんだから、ぜんぜん解決しない問題があって当たり前じゃん」と。



その失敗や問題は、克服すべき壁でもなんでもない。むしろ自分の人生を豊かにするために「その問題自体が」必要なんだと。

ずっと、「問題というのは乗り越えるためにあるんだ」と思ってたんですが、問題があるということそれ自体がぼくの人生にとっては重要なんです。

だからたぶんですけど、今抱えている問題が解決するとしたら、それは「もっと大変な問題」が生まれた時でしょう。

それはきっと、ドラゴンボールで最初は悟空の敵だったやつがもっと強い敵が出てくると味方になって一緒に戦うごとく、大きな問題であるほど、つぎの問題が出てきた時には役に立つ、という側面すらあるのかもしれません。



そんなことを考えたら、すごく気が楽になったんですね。だって、もういま目の前にある問題、無理に解決する必要ないんだもの。問題自体が必要なんだから。



そんな気持ちでメシを食い終わり、会計のためレジに行くと、件の「ミス無表情スマイル」が応対してくれました。

で、彼女を見ていたら「そっか、この子もオレの人生という映画の登場人物としてここにいてくれるんだよな。お手数おかけしますね」みたいな気持ちになりました。

そう思うとむやみに愛おしく(笑)、少しやさしい気持ちでお釣りを受け取り去ろうとすると、「ありがとうございました」と、これまでとは明らかに違う笑顔でぼくを見送ってくれたのです。



ぼくの気持ちが伝わって、マニュアル以上のスマイルが出てきた?

ただの気のせい?

ぼくがいなくなってせいせいした?



解釈は無限にありえます。

でも「世界が自分の反映」なのだとしたら、これまでのぼくは「無表情に応対する世界」を作っていたのが、少し自分の観念を変えたことで「やさしいスマイルで接する世界」に自分の生きる世界を変えたといってもいいのかもしれません。



そんなちょっとした奇跡。信じてもらえます?
別窓 | 考えたこと | コメント:2 |
<<ムスクの香りはお好き? | 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ | 「人生の目的」の見つかり方>>
この記事のコメント
続いて投稿失礼します(*^^*)
その奇跡信じます!
人は気持ちの生き物(旦那いわく)。
観念を変えた瞬間の気持ちの開けた気分の良さってこの上なく好きです!
相手や現状ってなかなか自分では変えられないから自分が変わればいい!親の受け売りがいつしかしみついてます(^^)
2013-08-13 Tue 03:43 | URL | kana* #-[ 内容変更]
Re: タイトルなし
ありがとうございます☆

へ~、旦那さんやご両親ともそういうお話ができる環境、羨ましいです。
どちらのことばもバシャールが言ってることと同じですよね。
それでkanaさんはこのブログの内容を理解していただけるんだなと腑に落ちました(笑)
2013-08-14 Wed 13:16 | URL | 樋口サトシ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。