スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
雨に濡れたっていいじゃないか このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-08-01 Thu 21:53
今日の晩ご飯は外食だったんですが(ココイチでカレー)、駐車場に車を停めて店までが少し遠かったんですね。

で、店に向かいはじめたんですがちょうど雨がポツポツ降りはじめていたので、「これはゲリラ豪雨あるかも?」と思い、クルマに戻ってカサを取って店に行きました。



カレーを美味しくいただきまして、外に出たらまさしく大雨!

「我ながらナイス判断!」と自分を褒めましたとさ。おしまい。



・・・ではないんですね。まだ続きがあるんです。



昨日のブログでも書きましたが、偶然にどんな意味を与えるかは自分次第。

ですから、こうしてカサを持って濡れずにすんだ。これOKですよね。



でもふと思ったんですよ。でもカサを持ってないっていう偶然だってOKだよな、って。

つまり、その偶然に身を委ねて、濡れちゃったっていいんじゃないの? って。



すくなくとも、濡れないようにカサを持つという選択だけが正解じゃないだろう、と。

ほんとうの意味で人生をシンクロニシティに任せてワクワクすることだけするんだとしたら、カサなど持ち歩かず大雨の日はずぶ濡れになろう! という人生こそ本当のワクワク人生なんじゃないかって。



もちろん、どうしても濡れたくない日だってありますから、あくまでケースバイケースですけど、「雨に濡れる=避けるべきこと」という固定観念に縛られるのだけは違うんじゃないかなと思ったんです。



その意味で、モデルになるのは子どもですよね。

本当は、もっと子どものように世界の偶然を楽しんでいいんじゃないかな。

そんなことを考えたゲリラ豪雨の夜でした。
別窓 | 考えたこと | コメント:0 |
<<シンクロニシティ発動! | 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ | 偶然にどんな意味を与えるかは自分次第>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。