スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
「今一番の問題」を解決する方法って? このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-07-12 Fri 00:17
なんか昨日は「とにかくなんか書かなきゃ」という気持ちでひねり出すようにブログを書いたんですけど、そこで「うっかり」という感じで書いたことを今日はずっと考えてました。

というのは、「今じぶんが一番の問題だと思っていることは解決しない」という法則です。

これはぼく個人の話、という前提ですが、もしかすると当てはまる方もいるかもしれません。



うまく説明はできないんですけど、「一番の問題」って、簡単に解決できたら一番の問題なんかじゃないんですよ。今自分が認識しているあらゆる問題の中で最も解決しづらいから、一番の問題なんです。

だから無意識のうちに「なにせこれは一番の問題だから、簡単に解決するわけがないんだ」という観念を持ってしまっているんじゃないかと思うんです。

「この私が一番の問題だと認識している以上、それが簡単に解決するようでは私の認識が間違いだったということになる。それはまずいでしょう」とさえ思っている可能性がある。



こうした観念の構造があるとしたら、その「一番の問題」というのは絶対に解決しないわけです。なぜなら解決すること=自己否定ですから、無意識レベルで、解決できそうな時も全力で解決を阻止しにかかる、という事もあるんじゃないかと思うんですね。



では、「一番の問題」」は、一生解決しないんでしょうか。

いいえ、そうではありません。解決する方法は、存在します。



それは、「もっと難しい問題」を用意すればいいんです。そしてその「一番の問題」を、2番目以下の問題にしてしまえばいい。

そうすると簡単に解決する、とは言いませんが、無意識が解決を阻止する、ということはなくなるはずなんです。



例えば、売上目標前年比200%! とかいう目標を立てると、がんばったけど150%しか達成できませんでした、みたいな話がありますけど、これも似たような話じゃないかとおもうんです。

というのは、これってこの目標を立てるまでは実は100%を維持するのもやっとだった、みたいな会社だったりするんですね。そのときに「100%維持が目標です」といってしまうと、「一番の問題」が100%維持ですから、それもままならないんです。でもそこで「200%達成」が「一番の問題」になれば、100%維持のハードいるはずいぶん下がってしまう。



というわけで、解決したい問題があるときはもっと大きな問題を設定する、ということを意識してみようと思います。
別窓 | 考えたこと | コメント:0 |
<<ネット販売のビジョン | 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ | さらに大きな問題にシフトしよう>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。