スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
人殺しはなぜいけないのか? このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-05-20 Mon 00:15
ツイッターにバシャール語録のbotがあるのを発見して、それをちょっとずつ読みはじめています。

その中のひとつに、こんな言葉がありました。


自らの心が、魂が喜ぶこと。人を殺してうれしいと思いますか? ほんとうにワクワクしますか? しないはずなのです。他の人が喜んでいる姿、他の人が幸せな姿を、本来は喜び合うというのが本来の神の子の自然な姿なのです。(詳細:bit.ly/aec1nq)

https://twitter.com/Bashar_LR/status/335974895597019137



「人殺しってなにがいけないの?」と子どもに聞かれたとき、


「かわいそうだからだよ」→「じゃあなにも感じない人ならいいの?」

「その人の未来を奪ってしまうからだよ」→「じゃあ未来なんていらないって思ってる人なら殺していい?」

「犯罪だからだよ」→「じゃあ、たくさんのひとを殺しそうな人なら正義のために殺していい?」

「ひとが人を殺すのは悪いことだからだよ」→「なんで?」→「そういうものだからだよ」


みたいなかんじで、どうもハッキリとした、理論的な説明ができないんだよなぁと思ってました。

その意味で、「ワクワクしないから」っていうのは、すごくいい回答なんじゃないかと思うんですよね。



人を殺してはいけないのは、そんなことをしてもワクワクしないから。

悪いことをしてはいけないのは、そんなことをしてもワクワクしないから。



この説明にあまりピンとこないのは、そもそも日常生活自体、ワクワクしていなかったりするからです。

「じゃあ、ワクワクしてないオレの日常生活は悪いのか?」ある意味では、イエスなんじゃないでしょうか。



ワクワクすることをして生きよう、と言うと、「みんながそんなことをしたら社会が破綻してしまう」と考える人がいます。

そんなことはない、とバシャールさんは言います。世界は完璧なバランスを保っているから大丈夫、と。



この説明をにわかに信じろと言われても難しいんですが(汗)、でも、ひとって、自己完結した楽しみだけではワクワクできないと思うんですよ。

本当にワクワクするのは、誰かが喜んでくれることをするとき。それが好きな人だったら最高。

ワクワクすることを考えてるとき、嫌いな人のことなんて頭に浮かびませんから、人殺しとか復讐とかいったたぐいのことはワクワクすることにはなりえません。

だから、ワクワクすることばかりしていれば、誰かを喜ばせることができて自分もうれしい。悪いことなんて入る余地がない。

ということになる。・・・のかな?



そうそううまくいくのかな、と思いますよ、正直。

そこはよくわかんないです。

でもここがわかったらすごいことなので、もう少し勉強して行きたいと思ってます。
別窓 | 読書2012~ | コメント:0 |
<<ひきつづき勉強中 | 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ | 最近燃費がいいんです>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。