スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
怒りの感情は大事 このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-05-04 Sat 00:20
とある対談を聞いていたら、「怒りという感情は大事なんです」という話がありました。

怒りの感情を表に出さないで四六時中ニコニコしている人は、心の奥底に怒りを貯めこんでしまうんだそうです。



思うに、怒りという感情はだれでも持つものです。

それは思い描く理想と、目の前で起きる現実とのギャップを認識して、それに対してNO! と感じることだからです。

怒りを感じないということは、理想を思い描かないことか、現実を直視していないことにほかなりません。



でもだからといって、怒りの感情を思うままに吐き出していいわけではありません。

それは周囲を傷つけるだけで、なにも解決しないからです。



怒りという感情は生まれるのだからそれは肯定して、でもそれに振り回されるのではなくて、それはどうやったら解決できるのか、というところに気をかけるようにするといいのでしょう。
別窓 | 考えたこと | コメント:0 |
<<書きたいことはあるけれど | 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ | 仕入れ三昧>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。