スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
世界は変わりません。 あなたが変わるのです。 このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-04-25 Thu 00:40
今日は定休日。で、いくつか店のことでやっておこうと思っていたことがあったんですが、すべてすっ飛ばして本を読んでました。

それは、どうもこれは本気で忙しくなる前に読んでおいたほうがよさそうだ、と感じたので読むことにしたんですね。

そしたら、その感覚は正しくて、今後の店の方針や、自分のあり方に大きな影響を与えてくれる内容でした。



忙しい時や、忙しくなる時に限って本を読みたくなる、っていうのは特にここ最近多いです。

それは、4年やってきて、これからやることに関する課題とか悩みがある程度具体的になってきたために、「きっとこの本を読むとなにかしらヒントがある気がする」っていう予感が働くようになったからかもしれません。

そして、たとえばチラシを作るとか、フリマや母の日が近づいて準備が必要とかなると、そうした課題に対して敏感になるということもあると思う。

イベントをやるとか忙しくなるとかいうことには課題がつきものなので、忙しい時に限ってよけいなこと始める、っていうのはそういう心の動きもあると思うんですね。暇な時や課題が見つからないときは、どんな本を読めばいいかすらわからないわけです。



で、今日読んだ本は、「未来は、えらべる!」という本田健さんとバシャールさんの対談形式の本です。

本田健さんって、名前はなんとなく知ってたんですが、読むの初めてでした。

バシャールさんっていう方は、なんと宇宙人!? ダリル・アンカさんというアメリカ人(たぶん)にのりうつるかたちで本田さんと対談をしているんです。


もうこの時点で「それ無理です」って方も多いと思いますが、ぼくにとっては必要なことを教えてくれるならべつに宇宙人でもいいや、そういうお約束だというならのってあげましょう、という感じでとくに違和感なく読みました。

そしたらこの宇宙人、いいこと言うじゃないですか。



・・・今、印象に残っている部分を引用しようと思ったんですけど、どうもそこだけ抜き出しても意味不明な気がするので、ぼくの解釈込みで書いてみます。



ぼくたちはとかく、「世界を変えよう」「相手を変えよう」と思いがちだと思うんです。教育、というのがまさにそうだと思うんですね。

「こうしなさい」
「そんなことしちゃダメ」

相手の行動を変えようという試みです。

でも往々にして、この試みはうまくいきません。ひとはそれでイライラしたり、「こいつは自分の言うことを何も聞かない」「才能がないんじゃないか」なんて考えたりするわけです。



でも本質的に、ひとは世界そのものを変えることなど出来ません。変えるきっかけを与えることはできるけれども、それを選ぶかどうかは、本質的には受け取った側にしか決められないんです。



そのことをバシャールさんは、こう表現します。


世界は変わりません。
あなたが変わるのです。
あなたが、すでにそのような状態で存在している世界に行くだけです。

「未来は、えらべる!」 P164


さらにバシャールさんは続けます。

これだけ読むと、かなりオカルトに感じるかもしれませんが、引用します。


すべては、あなたの波動によってつくられたものです。
その波動を、より反映している現実に行くのです。
けれども、古い波動の現実もまだ存在しています。
しかし、あなたがそのの中でもうプレイしていないというだけです。

「未来は、えらべる!」 P164


これは、世界には無数のパラレルワールドがあって、にもかかわらず世界がたったひとつしかないように感じられるのは、自分がそのうちのどれかを選んでいるからにすぎない、という観念が前提となっています。



・・・意味分かんないですよね。ぼくもうまく説明はできません。

でも、これを今の自分でも役に立つように使うことはできると思うんです。

それは、

「世界は変わらないが、自分が変わればその波動によって作られた、じぶんが好ましく思う世界を選ぶことはできる」ということです。



いや、これがバシャールさんの言いたいこととマッチしているかはわからないんですが、そう思うことで、「あいてが思うように動いてくれないイライラ」を感じることはなくなります。

だって、相手が変わらないのは相手のせいではなくて、自分の波動が変わっていないからだからです。

コントロールできるのは、相手ではなくて自分だけです。だから相手を変えたいなら(正確には相手が変わった世界に行きたいなら)、自分が変わるしかない。それがイヤならそれでもいいんです。ただ、相手は変わらない(相手が変わった世界に行かない)、ということを自分で選択しているだけのこと。



こういう現実を受け止めるだけでも、だいぶ世界がクリアに見えるようになるとおもうんだけど、いかがでしょうか?

別窓 | 読書2012~ | コメント:0 |
<<やらない後悔よりやって後悔 | 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ | 月一研修行って来ました>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。