スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
お客さんの方を向いた経営 このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-03-16 Sat 00:14
仕事と責任は、切っても切れない関係だと思うんです。責任のない仕事は、仕事というより遊びと呼ぶべき行為です。

もちろんその程度の認識でもできる仕事というのも存在しますけれども、その場合に得られる対価は限られたものになるでしょう。

もしくは、よほどその仕事に関する才能に恵まれていて、責任について考えるまでもなく素晴らしい成果を残せる場合には、ただただ楽しむことが多くの対価を生むことになります。そういうのを「天職」と呼ぶのでしょう。



その域に達しない限り、仕事の対価は責任の背負い方とニアリーイコールだと思います。



ただ、一人の人がするひとつの仕事にも、細かく見ると複数の段階があって、「この部分は天職と呼べるほど得意なんだけど、それと付随するこの部分はどうやってもうまくならないし苦手」ということがあります。

もちろんそれを克服できるとすばらしいんですが、苦手なものは仕方ない、という側面もあります。苦手なものを克服する労力は、得意なものを伸ばす方向に向けたほうがいい結果を生む、という考え方があり、ぼくもそう思っています。



だからそのときは、「これ自分には向いてない」と思ったら、早く手放したほうがいいんです。

それは「この仕事はできません」ということに他なりませんから、「上司に怒られるんじゃないか」とか「無能だと思われるのはイヤだ」とか「自分だってちゃんと出来るようになりたいから」とかいろいろ思って簡単にできることではないですけど、でもこの考え方はおかしいんですよね。

だって「その仕事をしっかり完了すること」ではなく「自分の能力や評価」に心が向かってしまっているからです。

会社にとって重要なのは、「誰がやったか」ではなく「どういう成果が生まれたか」です。つまり、その会社の顧客にとっては満足する結果が得られるならば誰がやったかなんて関係ないわけです。

そもそも会社がなんでたくさんの人間を必要とするかといえば、各分野の得意な人を集めてプロジェクトを効率よく遂行するためです。ひとりで全部できるなら、会社なんてやらずにひとりでやったほうがいいわけです。



そんなわけで、自分の評価を気にして苦手な仕事を手放さないと、仕事の効率が悪くなって成果が下がり、ひいては会社の評価が下がりますから長いスパンで見れば結局自分の評価も下げることになります。



ただこれって、何が悪いって話をすれば、会社の評価のシステムが悪いんですよね。「苦手な仕事を手放す」ことを悪く評価するからいけない。

その前に「苦手な仕事を振るのが悪い」というのもあるんだけど、なにが苦手かはやってみないとわからない(往々にして本人の自己申告はあてにならない)のでそこに関しては致し方ない部分もあると思います。



だから本当にお客さんの方を向いた会社になるためには、そうした根本的なシステムを変えていかなくてはいけないので、これは並大抵のことではありません。

また、システムが変わっても、人の心は長年親しんだシステムから離れるのは簡単ではありませんから、そういった難しさもあります。



とは言え、「難しい」と言っていては本当にお客さんの方を向いた経営はできませんから、なんとか方法を見つけていくしかないだろうと思っています。
別窓 | 「仕事」について | コメント:0 |
<<権利を主張することと、評価されること、どっちが好きか | 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ | なんで○○せなあかんねん>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。