スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ちゃんと相手に届くこと このエントリーをはてなブックマークに追加
2012-12-04 Tue 22:25
なんでだろう? フシギだなと思うんだけど、本当にちょっとのやり取りで、好き嫌いを判断してしまったりする。

例えば配送業者に集荷を頼む電話をします。こんな感じ。

「メール便の集荷お願いしたいんですけど」
「ありがとうございます。お電話番号よろしいですか?」
「****」
「ヒグチファームさまですね。いつもありがとうございます。住所の確認なんですが、~でよろしいですか?」
「はいそうです」
「メール便は何通ですか?」
「1通です」
「では18時までにお伺いします」
「お願いしま~す」

というようなやり取り。ほんの数言ですよ。

たったこれだけのことで、「あ、このひとは話しやすいな」「なんかヤだなこのひと」と思ったりするんですね。

メール便だって言ってるのに「お荷物はなんですか?」とか聞いてきたり、登録されてて何度もやり取りしている相手だってわかってるのにやたら念押しをしてくるひととかは基本的なことがわかってない(たぶん仕事に慣れてない)人だと思うんだけど、そういうレベルではなくて、同じセリフを喋ってるのに本当にちょっとのニュアンスで「いいな」「なんだこのひと」とイメージが変わってくるんです。

なんでだろう、フシギだな、と思うんですよ。ただ、本当にちょっとしたことでその判断は明確に分かれるんですね。



いやもちろん、これは電話を受ける担当者さんのことをとやかく言いたいわけではありません。



「自分がそう感じるならば、ぼくと話したりする相手の人もぼくに対して同様に感じているだろう」ってことです。



アーヤにはじめて問い合わせの電話をしたひとはどう感じるんだろう?

アーヤではじめて買い物するひとは、アーヤのスタッフをどう感じているんだろう?



こういうことは、聞いたってわかりませんよね。配送業者にアンケートされたって、「たまに感じの悪い人がいます」なんて絶対答えません。てか、そこまでは思ってないし。

でもそこまで思ってなくても、無意識レベルで快不快の判断ってしてますよね。



そう考えると、やっぱり身だしなみだとか姿勢とか、発声とか笑顔とか、基本的なことが大事なんですよね。

それも、やってりゃいいってもんじゃない。ちゃんとそれが相手に届くこと。



相手に届くためには、なにが必要なんだろう?

その答えを、ぼくはちゃんと知っているんだろうか?
別窓 | 考えたこと | コメント:0 |
<<お休みらしい1日 | 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ | それはどんな人生だ?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。