スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
その「たこやき」は、おいしいんですか このエントリーをはてなブックマークに追加
2012-11-29 Thu 23:40

もう、何も言わずにほぼ日の今日のダーリンをほぼ全部引用します。


 仮に、あなたが「たこやき屋」だとします。
 なかなか思うようにお客がつかない。
 もっと買いに来てくれたらうれしいんだけど‥‥。
 
 「そうだ。みんなが知らないから売れないんだ」
 と、考える人は多いと思うんです。
 それも、そうかもしれない。
 たくさんの人に知ってもらう方法を考える。
 ポスターをつくるのか、ツイッターで広めるのか、
 新聞にチラシを入れるのか、サービス券を配るのか。
 いいネーミングを考えたほうがいいんじゃないか。
 近所のきれいなおねえさんを雇えないものか。
 ‥‥わりと、そういう流れで考えがちですよね。
 
 でも、ちょっと待て、です。
 
 あなたの「たこやき」は、おいしいんですか?
 「たこやき」のおいしさって、どういうものですか。
 どういう工夫で、おいしくしていますか。
 材料は、まちがいないですか。
 焼き方に自信はありますか。
 そこらへんのことを考えるほうが、
 先じゃないのでしょうか?
 
 ほんとは、なんにつけてもそうだと思うんですよ。
 「たこやき」というのは、たとえばって話です。
 ほんとにおいしい「たこやき」なら、
 絶対にやがておおぜいに知られるはずですし、
 不便な場所にあっても、コワイじじいが焼いてても、
 いずれは売れるはずなんです、ほんとに。
 もっと知らせたい伝えたいというようなことは、
 「たこやきがおいしい」ことが前提なんですよね。
 
 たとえ、宣伝広告がうまくいったとしても、
 もともとが「おいしくない」場合には、
 「おいしくない」ということが伝わるのです。
 最近、コミュニケーション技術について、
 あちこちでいろいろ語られているようですが、
 「うまく伝える伝わる」の前に、
 その「たこやき」は、おいしいんですか‥‥ですよねー。

via : ほぼ日刊イトイ新聞 「今日のダーリン」11/29

※今日のダーリンはアーカイブが残らないので11/29以降に上記リンクにとんでもこの記事は読めません。


アーヤはこの部分を疎かにしていた時期が確かにありました。

そしてそれをねじ伏せるように、マーケティング手法で何とかしようともがいていました。

でもそれって違うよね、と気づきました。だから今は、この糸井さんのことばは「まったくもってその通りです」と感じることができます。

おかげで今は進むべき道が割とはっきり見えています。

これからアーヤがどういった場所にたどり着くのか、自分で楽しみにしています。
別窓 | ほぼ日関連2012~ | コメント:0 |
<<12月は忙しい? | 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ | 自信ってなんだろう?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。