スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
市場の秘密 このエントリーをはてなブックマークに追加
2012-09-15 Sat 00:30
先ほど市場から帰って参りました。

花苗の市場は、火・木・土の朝にセリが開催されます。ぼくはいつもセリには参加せず、その前日の夜に会いたい、じゃなかった、「相対(あいたい)」という方法で商品をゲットします。

これはセリに掛かる前の商品を、先取りしてしまうわけです。



つまり僕は月・水・金の夜に市場に行っているわけですが、このなかで、どの曜日が一番品物がたくさんあるかわかります?

ぼくは、金曜日だと思ってたんですよ。自分だったら金曜日に一番よく行くだろうなと思ったの。

というのは、土日に向けて、新鮮な商品を仕入れたいから。やっぱり土日のほうがお客さん多いですからね。



でも実際は、月曜日が一番買参人も多いし、商品もたくさん集まるんです。なぜだかわかる?



だいたい、買参人が多いから商品も増えるのか、商品が多いから買参人が増えるのか、どっちなんでしょう?



商品が月曜日に多く集まる理由? なんだろう、農家さんが日~月曜日に出荷したいのかな? 花は日~月曜日に出荷に適した状態になる? そんなわけないよね。

買参人が月曜日に集まる理由? なんだろう? それがあるんです。なんだかわかる?



それは、土日に店の商品が売れてなくなっちゃうからなんですね。その補充のために、週明けに商品を仕入れる必要があると。

これがわからない僕の店は、いかに土日に商品が少なくなっていないかということを暴露しているようなものですが、そのことには気づかないように!



結局、週明けに需要があるから、それに合わせて需要がバランスをとっているわけですね。

まぁこれは、花苗という比較的商品寿命の長い商品だから言えることで、切花の場合はそうはいかないわけです。



じゃあ切花はどうかというと…、まだ切花仕入れビギナーの僕にはわかりません(笑)。

こちらもおいおい傾向を探っていこうと思います。
別窓 | アーヤとヒグチファームのこと2012~ | コメント:0 |
<<旅行記⑧ 広島2日目 | 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ | 旅行記⑦ 香川~瀬戸大橋~広島>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。