スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ネーミングセンス悪すぎ このエントリーをはてなブックマークに追加
2012-07-10 Tue 00:27
市場から帰って来ました~。

今日もすこし変わった宿根草を仕入れられて満足♪



んで、往復中のラジオのニュースを聞いてて思ったこと。



政治がらみの話ですが、政党批判ではありません。純粋に、ネーミングセンスの問題として聞いてください。別にネーミングセンスなんかなくたって、いい政策を打ちだしてくれて、それを実行してくれる政党ならOKです。逆に、どんなにすばらしいネーミングセンスがあっても、それが実際の政治に活かせれなければそれは0です。



そのうえで。



「減税日本」っていう政党名は、あまりにもひどい。

普通に考えて、政党名っていうのはその政党の目指すべき、日本という国の理想的な姿を表現するべきだと思うんです。

それが「減税」ですか。



「減税」というのは、「政治の目的」ではないですよね。政治の目的はいつだって、国民の生活を物質的・精神的に豊かにすることです。「減税」というのはそのための手段の一つにすぎない。

しかも、「減税」というのは相対的なことです。「今の税金は本来あるべき姿よりも多すぎる」という前提に立っているわけです。ではこれが、「減税日本」の政策が通ることによって「適正な税金」になった時、彼らはどうするんだろう。また、その過程で「もう少し税金を増やす必要がある」という試算が上がった時、彼らはどうするんだろう。

「減税日本」という名の政党が、「増税します」と高らかに宣言するんでしょうか。



この「減税日本」というネーミングからは、長いスパンで日本という国を見るんじゃなく、「とりあえず選挙で議席数をすこしでも取りたい」という浅はかな姿勢が読み取れるんです。

彼らが実際に今後の日本をどう考えているかは調べてもいないし知りません。あくまでネーミングの話。



ただ、このネーミングから感じる浅はかさは、民主党が政権をとった時のコピー、「まずは政権交代」というのと非常に近しいイメージを持ちます。

このコピーも、「民主党はいいですよ!」というメッセージというよりは、「とにかく自民党はダメだから変えましょうよ」という相対的なメッセージにすぎませんでした。



その結果が現在です。・・・いや、この民主党政権って、なにせ未曾有の大震災と津波、原発事故がいっぺんに起きたわけで、どうかんがえてもマニフェストどころの話じゃないと思うし、なんてタイミングで政権とっちゃったんだろうねと、同情の余地くらいはあると思います。

ただ、そんな時だからこそ、「国民の生活を豊かにする」というような絶対的な信念を全面に押し出すことのできない人たちが政権をとってしまっていたことの不幸があったと思うんです。



そう考えると、あくまでネーミングセンス的にはですけど、「減税日本」なんていうバカげた政党名を持つ人たちに何かを任せるのは非常にこわいなぁ、と思うわけです。

別窓 | 考えたこと | コメント:0 |
<<ああ、眠い。 | 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ | 明日からアーヤちゃん通信発行作業>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。