スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
カープは向こう5年くらいAクラス行けるんじゃないか このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-09-18 Wed 01:17
今日もカープはジャイアンツに勝って3タテ、その前のヤクルト戦から6連勝です!

今はとても勢いがあるので、この調子で行けば初のCS進出は間違いないでしょう。

特にこの時期に、ずっと見下されて試合をしていたジャイアンツと互角以上の戦いができたというのは、今年のCS進出のみならず、来年以降もヘンに卑屈にならずに戦えるだけの経験がつめたんじゃないかと思います。

その意味では、最後に木村昇吾がゲッツーを焦ってエラーしたのはひどいプレーでしたけど、あれがありながらも追いつかれることなく勝てたというのは、勢いに乗ってパーフェクトに勝つよりも、「ミスがあっても勝てるんだ」と思えるぶんよかったんじゃないかとすら思います。

まぁとにかく、このジャイアンツ3連戦3タテは、向こう5年くらい、カープがAクラス常連になるための大事な一歩になるんじゃないかと思います。

なにせ、今村と堂林がまだ一人前になる前の状態でこれができたわけですから(堂林は正直これから大丈夫か心配だが)。

そして栗原もいないし、黒田も帰ってきてないわけですからね(笑)。



野村監督は、一軍で勝利を求める戦いよりも、二軍で選手を育成する仕事のほうがあってるんじゃないかとよく思うんですが、ここ数年核となる選手がいない中でとっかえひっかえやることで選手層が確実に厚くなったので、3か年計画ぐらいでこういうチーム作りっていうのもありうるんだな~というのがおもしろいです。

カープって、1年ずっとレギュラー張れるレベルの選手ってほとんどいませんから「レギュラーはこいつ」って決めずに、今みたいに毎試合スタメン代わる起用のほうがいいと思うんですよ。その意味で、調子にかかわらず使われつづける堂林はかわいそうだったわけです。そしてその影に隠れた小窪や木村昇吾もね。

たぶん監督的には不本意だったと思うんですが、ここ数年、年間ずっとレギュラーで出続けられる選手がいなかったことで、結果として選手層が厚くなった。そして期せずして堂林がいなくなったことで、そこに動きが生まれた。外野はもともと日替わりでしたが、内野も日替わりになって、そこにCS争いが加わって選手全体のモチベーションが上がったように思うんですね。



ハッキリ言って、頼りになるすごい選手なんていないし、粗削りでジャイアンツに比べたら草野球みたいな試合しますけど、それでも勢いが出ちゃうとあのジャイアンツを圧倒しちゃうってのがすごいです。

今年は広島行けなかったけど、カープファンやっててよかったな、おもしろいなと思います。
スポンサーサイト
別窓 | 広島東洋カープ2012~ | コメント:0 |
| 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。