スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
「お金をどう稼ぐか」より先に「お金をどう使うか」を考える このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-06-22 Sat 23:05
今日はツイッターで読んだことばがすごく印象に残ったのでそれのことを書きます。

まずそのツイートを引用しますね。


日本一の個人資産家といわれる竹田和平さんは「お金をどう稼ぐか」ではなく、「お金を何に使うか」を先に決めるのだそうです。その使い道が多くの人の喜びにつながるようであれば、お金は自然に入ってくるからと言っています。(漢字幸せ読本)

https://twitter.com/hisui_meigen/status/348227577313378304


なお、ぼくの方で責任を持つのは「ツイッターでのツイート」というところまでで、これが本当に竹田和平さんのことばであるのか、本当に漢字幸せ読本からの出展であるのかというのはわかりませんのであしからず。



そんなことはともかく、このことばはバシャールさんがお金について語っていることとすごく近いと感じます。



バシャールさんは、「お金は必要だ。たくさん稼ぐ必要がある」と強く信じていれば、その人はお金をたくさん稼ぐことができると言います。

「オレ、そう信じてるんだけど全然稼げないぞ!」

と怒る方もいると思いますが、その方は、

「お金を稼ぐやつなんてどうせ裏でひどいことをしているに違いない。オレはそんなふうになりたくない」とか

「お金を稼ぐことよりも、人生において大事なことはいっぱいある」

など、「お金を稼いではいけない」という結論に至る観念をより強く信じている場合があるんだそうです。



そうした場合には、「お金をどう稼ぐか」をいくら考えても無駄に終わってしまう可能性があるわけです。というのは、どれだけ稼ぎ方を知ったところで、「稼いではいけない」と信じてるんだから稼げるわけがないんです。



でも、「お金をどう使うか」を先に決めて、しかもそれが多くの人の喜びにつながるのであれば、「稼いではいけない」という観念をもともと持っている人でも「それだけいいことをするのだから稼いでもいいよね」と観念を変化させることができるんじゃないでしょうか。

そうして「稼いでもいい、稼ぎたい」と強く信じられるようになれば、そのひとはバシャールさんの言うとおり、お金を稼げるようになるわけです。



同じように「お金をどう使うか」を先に考えても、それがじぶん勝手なことにばかり使おうと考えると、

「自分ばっかりいい思いするような人間にはなりたくない」

「じぶん勝手なやつにはいつか天罰がくだる」

みたいな観念を持っている場合、お金を稼ぐことができないか、稼いでもその後天罰が下るような人生が待っていることになります。



・・・とまぁそんなことを考えたので、ぼくも今後仕事をしてお金を稼ぐことができたらそれをどんなふうに使って、それにより多くの人にどんなふうに喜んでもらうかをしっかり考えようと思います。
スポンサーサイト
別窓 | 考えたこと | コメント:2 |
| 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。