スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
子どもたちに「君たちは完璧だ」って伝えたい このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-08-06 Tue 22:00
今日のアーヤは夏休み企画ということで「鉢にお絵かき」イベントを開催しました。

僕たちスタッフの方から「こんなふうに描こう」なんていうアドバイスは一切なし。それは教える技術がないからなんですけど、それでも子どもたちは、なんの迷いもなく描きはじめます。

スタッフで打ち合わせしている時に、「描けない子がいるとかわいそうだから、なにか見本とか用意した方がいいんじゃない?」ということでいくつか絵の見本を用意していたんですが、それを使おうとする子は一人もいませんでした。



そりゃあいわゆる「上手な絵」ではないでしょう。表現する技術もないですし、「こういうものを描こう」というビジョンもたぶんありません。でも、「じぶんが描くんだ」ということに対する純粋な楽しみにあふれていました。「こんなふうに描かなきゃいけない」という束縛なんてなにもありません。

ひとり、「思っていたみたいに描けなかった」と、少し手が止まってしまった子がいました。その子がその後どうするか、しばらく見ていました。もしかしたら「うまくいかないからやめた!」ってなっちゃうかもしれない。

でも、しばらくしたら「じゃあこうしよう!」って感じで違う色を使って塗りはじめて、最後は満足できる出来になったみたいでした。よかった。



バシャールさんは、「子どもはこの世界に自分が何故生まれてきたか知ってるんです。でも大人が『そんなのうまくいかないからやめなさい。大人の言うことを聞きなさい』って子どもに「大人の約束」を教えてしまうから、大人になった時には忘れてしまっているんです」みたいなことを言います。

それが、こうして子どもを見ているとわかる気がするんです。

まぁぼくは自分の子どもはいませんので、ほんとにちょっと見ただけの表面的な理解かもしれませんが、でも、今回の絵の描き方ひとつとってみても、ぼくは「お手本や描き方のマニュアル、何を描くかという完成見取り図がないと描けない」と思う大人よりも、子どもたちの「とにかく描きたいから描くんだ!」という気持ちのほうが正しいと思うんですよね。



大人がそういう「かたち」にこだわるのは、自分がやった行為に対して「価値」を見出したいからだと思うんです。その「価値」とは、自己完結したそれではなく、社会的評価という意味での「価値」です。

そうした価値に振り回される限り、自分の行動を純粋に楽しむことは難しくなります。常に人の目を気にして、社会が評価した「自分の価値」に一喜一憂しながら生きることになります。

それが大人ってもんでしょ? というのは確かにこの社会においては正しいかもしれませんが、でも「じゃああなたって何?」という根本的な疑問に、この社会は答えてくれません。なぜならこの社会は、その住民を「ごくごく一部のイノベーションを起こせる人材」と、その他圧倒的多数の「いくらでも取り替えのきく人材」の2つに分けることだけで完結するようにできているからです。



でも、子どもたちの描いた絵は、「あなたって何?」に答えることのできる絵だと思うんですよ。そして、社会的な価値よりも、「じぶんが何者かを示すことができる」という価値のほうが、ずっと大事なんじゃないかと思うんです。



だからぼくは、こんなふうに、子どもたちが自分らしくいられる場を出来る限り提供していくことも、自分の仕事なのかもしれないと思いはじめています。

そのためにどんなことをしていけばいいのか、まだわかりませんが、でも子どもたちに「君たちは完璧だ」ってこころから伝えられるようになればいいなと思っています。
スポンサーサイト
別窓 | アーヤとヒグチファームのこと2012~ | コメント:0 |
アーヤのブログがリニューアル☆ このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-07-28 Sun 23:27
先日来書いているブログのリニューアル計画ですが、今日アーヤのブログの方をリニューアルいたしました。

http://higuchifarm.com/aaya/

アーヤのブログは新入荷情報など、1つの記事が長いので、以前のブログだと1つの記事を読んで次の記事に行くまでの距離が遠かったんですね。

それを今回のレイアウトでは、トップページに写真付きのインデックスみたいなものだけを配置して、好きな記事を直感的に選んで読みに行けるようにしてみました。

まぁこれがいい方向に向かうのか、実はなにか欠点があるのかはわかりません。しばらくこの形をためしてみて、アクセス解析などを見ながら訪問者の動きを観察したいと思います。

別窓 | アーヤとヒグチファームのこと2012~ | コメント:0 |
ネット販売のビジョン このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-07-13 Sat 10:29
この猛暑で、正直お客さんは少ないです。あんまり暑いので、「来て」とも言いづらい状況です。

そうなりますと、やっぱり店頭以外でなんとかしないといけない、という気持がむくむくと湧いてまいります。



とは言えその気持はいま急に湧きだしたわけじゃなくて、ずっとふつふつとくすぶっておりまして、6月に入ってショッピングカートを作ってみたりもしました。まだ売上は0ですが(笑)。

でもこうやって、作っただけでは売上は0だ、ということも、「まぁたぶんそうだろうな」と予想している時と、実際に0であるということを体験している時とではまったく立っているステージは違うわけです。

つまり、作ったことで少し進んだんです。



で、そんな折、先日こっそり資料請求した某大手インターネットショッピングモールから「その後どうですか?」なんて電話が入り、少し話していたら具体的なビジョンがすこしずつ見えてきて。

それで、少し面白くなってきたので、このブログでも以前紹介したことのある「全能思考」というツールを使ってお客さんに喜んでもらえるおもしろ通販を考えてみたら、ちょっといいアイデアが浮かんできました。

このアイデアのなにがいいかというと、ぼくがワクワクするんですね(笑)。

「あ~、そういうことやりたいな~」ってね。



とまぁそんなことで、この7,8月のあいだに、そっちの方も準備を進められたらいいな~と思っております。
別窓 | アーヤとヒグチファームのこと2012~ | コメント:0 |
なぜ「スタッフが一番ワクワクすること」をやるべきだと思ったか? このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-07-03 Wed 14:01
「一番好きなこと、ワクワクすることをやりましょう」というスタンスで仕事をしているアーヤですが、「なんでそんなことしてるの?」という質問に対する答えはそれなりにあります。



まず前提としてあるのは、インターネットの普及を筆頭に、高度情報化社会としての社会の成熟度が格段に上がっているということ。それにより、お客様の「ほしいもの」に対する要求レベルって、インターネット以前とは比べものにならないほど高くなっていると思います。

つまり、「お客さんが知っていて、ほしいと思う商品」というのが、広さは広く、深さは深くなっている。ちょっと大げさにたとえるなら、むかしはその受け皿は金ダライかなにかで大丈夫だったのが、学校のプールくらいの大きさ・深さになり、あっという間にそれが琵琶湖くらいになっちゃった、というようなことです。



それに合わせて、お客さんのニーズを満たす受け皿は、商店街からショッピングモール、ネット通販と次々に新しい形が生まれているわけですが、そこで問題となってくるのが、販売するスタッフの専門性です。



15年前であれば、販売スタッフは、営業時間内に店頭の商品を見たり研修を受けたりすれば十分お客さんが知らない知識を習得して、それを使って接客することが可能でした。

が、現在の高度に情報化された社会においては、それと同程度、場合によってはそれ以上の情報をお客さんがすでに知っている、という状況がそこかしこにあるわけです。



お客さんがなぜそれを知っているかというと、その商品やジャンルそのものが好きで、本気で情報を探っているからです。彼ら・彼女らは、忙しい自分の仕事の合間を縫って、寸暇を惜しんでその情報を調べているわけです。

そこまでされてしまうと、「別にその商品のこと好きじゃないんだけど、仕事だから勉強してるんですよね」というレベルでは太刀打ちできなくなっちゃうんですよ。

そうなると、お客さんがその店を選ぶ理由の一つがなくなってしまうわけです。



もちろん、「お客さんがその店を選ぶ理由」というのはいくつもあります。一番わかりやすいのは立地ですよね。別にそこで絶対に買いたいわけではないけれど、うちから近いからそこに行く。仕事帰りに寄れるからそこに行く。

また、ショッピングモールなどは「いっぺんにあれもこれも買えるので便利」という理由があります。

あとは「安い」というのも大きな要素です。「安さ」の魅力というのはすごくて、タマゴが10円安い、という理由でふだんのスーパーよりも5kmくらい遠いお店に時間とガソリン代をかけて買いに行ってしまったりする。これは別に笑い話じゃなくて、人の心理ってそういうものなんですね。



とまぁ「お客さんがその店を選ぶ理由」はいくつもあるわけですが、以上のような理由はどれも資本のちからが大きくモノを言います。つまり、こうした部分で勝負しようと思うと大手にはどうやっても勝てない。

というか因果関係で言うと、こういう部分で勝負して勝った人たちのことを大手っていうんですね。

ですから身も蓋もない言い方をすれば、「うちみたいな小さな店は大手にはかなわないよ」というのは厳密には間違いで、それは単に勝負に負けたか、そもそも勝負をしなかった結果としてそうなっているだけです。だって今大手といわれる会社も、設立したときすでに大手だったわけではなくて勝負に勝ったり負けたりしているうちにだんだん大手になっていったわけですから。

あ、「積極的に、事業の拡大を選ばないという選択をした」という場合もあり得ますよね。それも尊重されるべき経営方針だと思います。



ちょっと話がそれてますので元に戻しましょう。

「お客さんがその店を選ぶ理由」のいくつかは、資本力が大きくモノを言う、という事実があります。

その中で、資本力の小さいお店でも太刀打ちできる要素があるとすると、それはひとりひとりのスタッフがユニークな強みを発揮して、「その店にしかない魅力」を作るということなんじゃないかと思うんです。



じゃあ具体的にそれってどうやるの? と考えたときに参考になるのがお客様の行動です。

お客さんは、寸暇を惜しんで、出来る限りの情報を集めているわけです。それはやりたくないけどしかたなくやっていると言うよりは、それ自体が楽しくて仕方ないからやっているんですよね。

そんなお客さんの期待に応えるためには、スタッフの方も「仕事じゃなくても、お金をもらえなくてもついついやりたくなってしまう」というくらいの情熱が必要になってくると思うんです。



たとえば会社から、24時間365日、ずっと仕事のことを考えろ、なんて指示されたってそんなことは無理なわけです。そんなことしたら、ストレスで病気になってしまう。

でもそれが仕事じゃなくてもしたいことなら、言われなくたってそうしたいし、そう言われたらもっとがんばれちゃう、というものでしょう。



よく、それぞれの分野で一流といわれるような人たちが、「毎日ものすごく努力されてますよね」なんて言われた時に「べつに努力とかしてるつもりないんですよね。むしろ努力とかキライで」なんてことを言ってるのを見ますが、それってこういうことなんじゃないかと思うんです。

つまり、「やめろ」と言われてもやりたいことをやってるだけだから、それは努力でもなんでもない。むしろ「努力」というものがあるとしたら、それはやりたいことを「やめようとする」のが「努力」なんじゃないか、と。



そうかんがえると、一流になる条件のひとつに「やめろと言われてもやりたいことをしている」というのがあるのかもしれない。まぁ別に「一流」になることが目的ではありませんが、でもそれに近づけば、支持してくれるお客さんは必然的に増えるでしょうから、仕事としてはいい方向に進んでいるといえるでしょう。

ではいっそ、店としても、「店が進みたい方向にスタッフを合わせる」よりも「スタッフが一番やりたいこと、ワクワクすること」を軸にして店の方向を決める、という方が今の社会においては支持されるのではないか、という仮説が生まれます。

そこでアーヤでは、まずはぼくの心のなかだけで、去年の秋ごろからすこしずつそういう方向にシフトしてみたんですね。すると、お客さんの反応が明らかに変わってきました。

離れてしまったお客さんも、それなりにいるんです。でもそれよりも、支持してくれるお客さんが多かったし、これまでよりも「アーヤを大事に思ってくれている」という感じが伝わるお客さんが増えました。



それで、この方向性に対する自信が出てきたので、今はスタッフにもハッキリ「一番ワクワクすることをやろう」と宣言してその方向で進んでいます。

これによって、「自分自身が好きなこと」と、「店が支持され、スタッフがしあわせに仕事すること」と、「お客さんに満足してしあわせになってもらうこと」が一直線につながると思っています。

そうすることで「アーヤがあってよかった」と、お客さん、関係者、スタッフのすべてが思ってくれるような店になり、その総量が必要十分と思えるだけになることが、経営者としてのぼくの目標です。
別窓 | アーヤとヒグチファームのこと2012~ | コメント:0 |
「うちのお店を知らない人は、かわいそうだよね」 このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-07-03 Wed 00:33
思うのは、商売をやっている以上、「うちのお店を知らない人は、かわいそうだよね」と思える仕事をしたいよね、ということです。

仕事の本質は「人の役に立つこと」で、その対価として「気持よく」支払っていただいたお金をちょうだいするのが商売です。

それができていれば、「うちのお店を知らない人は、かわいそうだよね」と思えるはずですよね。



そのためにできることはなにかといえば、自分たちらしい強みを発揮することだと思うんです。



アーヤという店を4年やってよくわかったことは、小手先の、自分に実感のない「これいいんじゃない?」なんて感覚はまったく通用しないということです。

逆に「私これがほんとに好きなんです」という気持ちは必ず伝わるんだと思います。もちろん伝わったからといって必ず買ってもらえるわけじゃないけれど。



なので今、アーヤではスタッフが本当に好きなこと、一番ワクワクすることを軸に、商品選び、商品づくりを行なっています。

そうすることで、「自分自身が好きなこと」と、「店が支持され、スタッフがしあわせに仕事すること」と、「お客さんに満足してしあわせになってもらうこと」が一直線につながると思うんですね。

まだ今は、この方向にかじを切ったばかりで数字的な結果は出ていませんが、でも精神的な部分ではずいぶん変わってきているという実感はあります。



秋以降のアーヤに乞うご期待。刮目して待て!
別窓 | アーヤとヒグチファームのこと2012~ | コメント:0 |
| 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。