スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
広島カープを優勝させるための秘策を考えてみた このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-12-07 Wed 22:09
ちょっと思いついたことがあるので今日はカープの話題。



今年もつつがなく5位をキープいたしました我らが広島カープ。

今年のオフは戦々恐々としておりました。なにせ主軸の栗原、広瀬がFA流出の危機でしたから。

が、球団の引き留めが何とかうまくいきまして、両選手ともに残留。チーム崩壊の危機を乗り切りました。

さらに中継ぎピッチャーと強打の外野手の外国人を補強(外野手は正式発表はまだ)。

そして黒田の復帰待ち、というのが現在の状況。

どうやら、それ以上の補強は特になし、らしいです。他球団の戦力外の選手をとったりは、しないというのがもっぱらのウワサ。黒田が来ないと決まったら、改めて動くかもしれないけど、それだとずいぶん遅いからあまり効果は期待できなさそうです。



なかなかね。これで勝てって言うのは難しいですよ。

万年5位から上位に抜け出すのは、生え抜きの中から複数の選手がブレイクする必要があります。そしてそうした選手がFAで出ていかない必要がある。こういう条件を満たすのは至難の業です。

しかもいつも下にいてくれる横浜さんも、今後どうなっていくかわからないですからね(来年はたぶんまだ大丈夫だろうけど…。いや、でもわかんないよね)。



そんなことを今日はつらつら考えていて、さっきふと思いついたんですよ。カープを優勝させるためのアイデア。



そもそもカープにとって一番のネックはお金です。12球団唯一の独立採算を必要とされるチームで、赤字覚悟の補強ができない。赤字は球団消滅の危機と直結しますから、ついつい経営が安定志向に傾いて、赤字にさえならなければ勝たなくてもいいや、という思考になりやすい。



つまり、お金もないのに、毎年なんとか勝とうとするのがそもそもの間違いなんです。



だから、わざと数年は現有戦力の底上げだけに注力して、実績のある外国人とかは取らず、補強のための資金をプールしていく。好成績を残した選手は、FAで出ていくのもやむなしとする。引き留めのために年俸を上げる、ということはしない(もちろんカープにとって適正な昇給はします)。

が、そうして補強資金を貯めたら、数年に1回は「今年は勝ちにいく年」と位置付けて、積極的に補強に走る。実績のある外国人や、FAで出ていった元カープの選手などをできるだけ戻す。そしてこの年はFAの選手も積極的に取りに行く。

こういう年を、6年に1回くらい作るといいんじゃないかと思うんです。なんで6年に1回かというと、セリーグが6球団なので、6年に1回優勝できたら平均だからです。お金のないこういうチームが6年に1回優勝できれば儲けものです。まぁ毎回優勝はできないでしょうが、もう20年優勝してないんだからそれよりはましでしょう。



そういう風にしたら、新井のFAのときみたいな悲劇も起こらないし、「また帰って来い」って気持ちよく言える。黒田みたいなパターンがまたあっても、「今年は勝負する年だから戻ってきてくれ」って言いやすいし、そう言ったら帰ってきてくれそうじゃないですか。

そして、そういうふうに位置付けたら、その年はお金も集めやすくなるんじゃないかと思うんですよ。

たとえばその年だけはマツダスタジアムの広告料を割高にするとか、マツダも少しお金出すとか、あるいは樽募金やってもいいと思うんですよ。



なんかそうやって、メリハリつけると単純に楽しいんじゃないかと思うんですよね。よその選手とかでも、「今年はカープが本気だ」ってなれば、たとえばFAで行ってみようか、とかも思ったりするんじゃないかな。



あ、ちなみに、勝負の年が終わったら、高額な選手は再び金銭トレードなどで「また6年後に!」と言って出て行っていただく仕組みです。もちろん球団に余裕があれば残ってもいいんだけど、その場合は現状のカープの年俸の基準よりさらに安めになるかもしれない。その辺もわかってもらったうえで、「カープを優勝させたい」と思った選手に来てもらう。



まぁこういうことするとすぐ他球団があーでもないこーでもない言うと思うんだけど、その時はその時なので、一度やってみたら面白いんじゃないかなと思うんです。

はじめる前につぶされちゃってもつまらないので、最初はさりげなくお金を貯めて、機が熟したらさりげなく補強して「今年は違うぜ」な空気でやればいいと思うんですね。そういうことを何年か繰り返していたら、みんななんとなく感づいてくる、みたいな長期的なスパンで。



とにかく、現状のいつまでたっても強くなりそうのない閉塞感のある状態を打開するために、球団にはなにかアイデアを出してやってもらえたら楽しいなと、そんなことを思っている次第であります。
スポンサーサイト
別窓 | 2011広島東洋カープ | コメント:0 | トラックバック:0 |
サファテ、今季絶望・・・。来年は? このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-09-28 Wed 22:05
さて、カープはサファテが怪我で今季絶望とのアナウンス。

思わぬかたちでカープの終戦が来てしまいました。チームの勝利に直結する、今季最も勝利に貢献した選手の離脱ですから、言いたかないけど終戦です。



今年はサファテ、バリントンという2人の外国人選手が大活躍したんですが、活躍ほどの成績を残すことはできず、かわいそうでした。

バリントンなら18勝して最多勝、サファテも45Sくらいでセーブ王。これくらいが妥当な成績じゃないかと思います。それがバリントンはまだ12勝、サファテは35Sで終わってしまいました。



これ、怖いのは、来年もカープでこの二人は野球をやってくれるのかしら、ということなんですね。

最近のカープは、新外国人との契約は最初の時点で、カープの許可なく2年目に国内の他球団に移籍することはできないようになっているそうなんですが、アメリカに戻る、という選択肢は残されてるような気がするんです。その場合、「カープはダメだ」と思われちゃってると、まずい。

特にサファテは、ぶっちゃけ9/11のジャイアンツ戦、サヨナラ負けをした時点で一度緊張の糸が切れていたと思うんです。で、昨日、明らかに何かに対する不満が吹き出していました。それを吐き出して、吹っ切れた状態で2人三振に取ったわけですけど、あれはチーム全体に対する不満だったんじゃないかという気がしてしまうんです。で、今日になって「怪我により今期絶望」とのアナウンス。「本当に怪我?」と勘ぐってしまいます。



来年サファテがいるかいないかではまったくチームの構成が変わってきますから、フロントにはどうにかしてサファテが残ってくれるように手を尽くしてほしいなぁ、と思います。

とにかく今年弱かった部分というのは、長距離砲がいないことと7,8回をしっかり抑えられるピッチャーがいなかったこと。これがあれば、クライマックスいけてたと思うんです。

7,8回を抑えるピッチャーについては、シュルツ、永川、横山の誰かひとりがしっかりしてくれれば、少し形が見えてきます。ただ、シュルツが復活した場合は、外国人の投手枠が足りなくなるので、先発がジオのかわりにに日本人でもう2枚くらい必要になってくる。

長距離砲は、岩本が育ってくれるのが一番いい。それがダメならやっぱり外国人。そうなると、今の感じだと残りそうなバーデンとその選手の競争になるんでしょう。それなら、すこしギャンブルでぶんぶん振り回すタイプの選手を入れてみてもいいと思うんですよね。カープはその手の選手、ランス以来取っていないけど。



栗原や広瀬の去就、などということは今考えても仕方ないので考えませんが、もし動きがあればそれも外国人の獲得と関係してきそうですね。・・・でも長距離砲はいずれにしても1,3塁手、外野手ですから、それほど関係ないかも。

まぁとにかく来年は、今年の外国人がどれだけ残るのか、というのが非常にチーム構成を左右します。フロントには、もう少し「勝ちたい」と思ってほしいところです。
別窓 | 2011広島東洋カープ | コメント:0 | トラックバック:0 |
カープ大逆転のシナリオ?(他力本願ver) このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-09-20 Tue 23:37
台風がエラいことになってきましたね。

カープは案の定今日のゲームが中止。明日も厳しいでしょう。

さらに今日はジャイアンツとドラゴンズが勝つという最悪な展開。もう追い込まれるところまで追い込まれたね、というかんじです。



こうなったら、今後の過密スケジュールが奇跡を生んでくれるのを期待、ということで、あらためて各チームのスケジュールを見ると、ドラゴンズが10月に13連戦がありますね。

しかもこの間の対戦相手は、カープ3試合、ヤクルト4試合、ジャイアンツ6試合。

このタイミングでドラゴンズの打線の調子が落ちていたら、大型連敗もありうる…。そしたらギリギリで捕まえることができるかも…。



試合のない日はそんな皮算用を楽しんでおります。はは。





別窓 | 2011広島東洋カープ | コメント:0 | トラックバック:0 |
台風が近づくとカープは不利になる? このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-09-19 Mon 22:39
なんだかまた台風が近づいているそうで。



台風は、困りますね。

え? 店? ああ、たしかに店もお客さんが来なくなっちゃうので困るんですが、野球が中止になるのが困るわけですよ。

カープは明日マツダスタジアム、あさっては神宮、しあさってからは横浜。すべてオープンの球場です。

特にあす、あさっては今の予報だと中止になる可能性大。



この2日が中止になると、日程が難しいんです。今ざっと確認した感じでは、この2試合を入れようと思うと、10/17以降にしか入れられない。あんまり遅くなると、クライマックスシリーズの準備にも影響してきますから、できれば早く消化したい、という運営側の思惑があるはず。

・・・となると、考えられるのは、ダブルヘッダー。

選手層の薄いカープとしては、出来ればやりたくないのがこれです。



そういう意味で、相対的に有利になるのが、選手層が厚くてドーム球場を本拠地にしているチーム。というか、この台風のタイミングでドーム球場で試合ができるチーム。

これがジャイアンツなんですね。



そういう偶然の要素まで、カープ(と阪神)に不利な状況になりつつありますが、これを乗り切って奇跡を起こしてくれ!

・・・と、気が付けばまだぜんぜん諦めていないぼくでした。やっぱり負けが込んでても、ひとつ勝つと「行けるかも?」と思っちゃうんだよね。ファンの悲しいサガでしょうか。



まぁそんなわけで、水曜日の神宮は、雨でなければ参戦してきます。


別窓 | 2011広島東洋カープ | コメント:0 | トラックバック:0 |
今のカープに足りないもの このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-09-14 Wed 23:24
う~ん、今日も負けちゃいました、カープ。

なんというか、こういう勝つべき試合に勝てるか勝てないか、というのがチームの強さなんでしょうね。

5-3でリードしている8回に4点取られちゃったわけですけど、今村は責めらんないですよね。だって、じゃあ今村よりあの場面でいいピッチャーいるの? と考えて、いないんだもの。横山がようやく1軍に上がってきたから、あの場面で使うっていうのも考えられなくはないけど、ギャンブルだよね。

今村も、これまで2点のリードがあって失敗したことはなかったと思うから、これは采配ミスでもないと思う。いわば、戦力不足。「弱い」ということです。



やっぱり大きいのは経験不足なのかなぁ、と思うんですね。1997年以降Aクラスなしですからね。「勝ち方」を知らないというか、少なくともよそのチームのほうがよく知ってるわけです。カープは首脳陣も基本はえぬきですから、彼らも「勝つ」という経験が絶対的に少ない。ろくに勝ったことのない人間しかいないチームが、勝とうっていうのは相当に大変なことです。


ふと今、前に横浜が優勝したときってどうだったんだ? と思って調べてみたら、もちろん盛田ー佐々木の「勝利の方程式」が確立していたことが大きいんだけど、打線も「マシンガン打線」が機能していて、そしてその中に、ジャイアンツからFAで入った駒田がいたんですね。もしかしたら、当時の横浜にあっては、駒田が「優勝の仕方」をチームに教えたのかもしれない。知らないけど。



まぁそれはともかく、本当に優勝経験の豊富な選手がいると、少し違うと思うんですよね。今のカープだと豊田がそうなるので、豊田の存在は大きいかもしれないけど、贅沢を言えばもう少し主力、それも野手でほしいんだよね。ヤクルトの宮本みたいなのが。

あるいは首脳陣に、経験豊富な人をヘッドコーチとして入れるとか。わからんけど、伊原さんとか、同じ元西武の伊東勤さんとか、そういう人に入ってもらうと変わる気がする。



今年こうして初めてクライマックスの可能性を感じることができたことで、チームに足りないものは何か、ということを知るきっかけにはなったと思うんですよね。だからこの経験を絶対に活かして、今後の戦いにつなげていってほしいと切に願います。
別窓 | 2011広島東洋カープ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。