スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
被災地に花を届けるプロジェクトのレポート書いてます このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-08-01 Mon 23:48
え~と、ひっそりと、ひっそりと、
オハナくんドットコムで被災地に花を届けるプロジェクトのレポートをスタートしました。

被災地に花を届けるプロジェクト with Music Caravan その1
被災地に花を届けるプロジェクト with Music Caravan その2

全部で5~6回の連載になる予定です。

なかなかこういうレポートを書くというのは難しいものですが、感じたこと、そしてまとめながらわかってきたこと、いろいろあります。

まぁここでは、書いてます、というご報告だけ。
スポンサーサイト
別窓 | 2011プロジェクト | コメント:0 | トラックバック:0 |
『東京図鑑』さん取材 このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-05-24 Tue 23:57
今日はぼくはお店には出ずに、「オハナくんドットコム」の取材で渋谷の「東京図鑑」さんにお邪魔してきました。

朝11時に行ったものの、天気は雨…。東京図鑑の畑山さんご自慢の広くてステキな花いっぱいのベランダが取材できません。

が、しばらく雑談していると雨は上がり、空は明るく、日差しも入ってきて、気がつけば最高のベランダガーデニングの風景がそこにありました!



…というわけで、詳しいレポートは「オハナくんドットコム」に後日掲載します。

実は取材後、畑山さんの奥さんでフードコーディネーターのみやさんが本当においしい料理&BBQをご馳走してくれましたが、そちらの模様も「オハナくん」をご覧あれ☆
別窓 | 2011プロジェクト | コメント:0 | トラックバック:0 |
「応援」が今年の僕のテーマです。ぼくの前を歩いているのは…、あの人だ!w このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-03-19 Sat 22:59
今日は不謹慎初日でした☆

もともと「アーヤちゃん誕生祭」としてセールをやろうとしていたんですが、例の震災により、お祭りとセール、ではなく、震災に負けずにがんばろう、というイベントで義捐金を募る、という形にしました。で、セールで割り引くのではなくその分を義捐金に、というコンセプトにしてしまったので、お客さんがお得になるイベントではなくなってしまったんです。

これは、アーヤちゃん通信の発行のタイミングと震災がかぶってしまったため、あまり企画を練る時間なく決めてしまったためにこうなってしまいました。さすがにこれは企画としては失敗。お客さんが「この3日間の間にアーヤに花を買いに来る理由」の柱の一つがなくなってしまったからです。



とそこへ、愛川園芸の五月女さんから「うちのラナンをチャリティーに使ってください」とありがたすぎる申し出をいただき、諸泉花園の諸泉さんも賛同してくださり、告知は打てなかったものの、お客さんにとっての超目玉商品が出せることになりました。五月女さん、もろさん、本当にありがとうございました!



ただ、なぜ五月女さんがそういう申し出をしたのか、については秘密があります。これ、アーヤのブログではなんかまだ書けないんだけど、こちらではしっかり書いておきたいな、と思うんです。



震災以降、花の卸値が暴落しています。具体的な数字はわかりませんが、本当にがっくり落ちている。利益の出る数字ではない、というのは確かです。もともと余力のある花農家さんなんてそれほどいない中で、これは非常に大きな打撃になっています。



理由はいくつかあるんです。

まずは、全国的に広がっている自粛ムード。これにより、お花をたくさん使う卒業式やブライダル、各種お祝い事のキャンセルが相次いでいます。それにより、花屋にも市場にも在庫がだぶついてしまった。だからそちらの業界の花屋さんも大変な思いをしています。大量に仕入れた花の使い道がない。

そして、ガソリン不足。これのせいで遠方から市場に仕入れに行っている花屋が仕入れに行けなくなってしまった。セリに参加する人が激減しているので、どうしても値段がつかなくなってしまう。

そして花というのは生活必需品ではありませんから、こういう全国的に不安が支配している時には買い控えが起こります。みんなトイレットペーパーは買っても花は買わない。

冷静に考えれば、トイレットペーパー12ロール入りを2つ買うなら、1つを花1輪にして食卓に飾ったほうがみんなの気持ちが落ち着くと思うんだけど、それをこれまでしっかり訴求できていなかったのは花業界の責任でもあるので致し方ないところでしょう。



とまぁざっとそういう理由がある中で、花の価格が暴落したため、花農家さんも「市場に出荷する」以外の選択肢を視野に入れざるを得なくなってきた。

そういう状況の中で、たまたまアーヤが義援金を募るイベントをやるということなので、それに乗りました、というのが今回の隠れた流れだったわけです。



ですから、本当のことを言えば、どっちかって言うと花農家さんも義援金がもらいたい立場だよ、という感じなんです。まぁ花屋もそうですが、花屋は別のものも売れるのでつぶしが利きます。

そんななか、こうして協力していただいたお二方のギブ&ギブの精神には感服します。さっきも言ったけど、本当にありがとうございます☆



自分が苦しいときに、こうしてすぐに次善の策としてギブ&ギブの精神を発揮するっていうのはやっぱり並大抵のことではありません。こういう方とお付き合いできていることがありがたいし、「今は苦しいけど絶対ここから這い上がっていい酒飲もうね」って思います。



アーヤ、そして今ぼくがやっている「オハナくんドットコム」というサイトのキーワードは「応援」です。

でも、応援って、案外簡単じゃないんです。だって自分のこころが本気で「応援したい」と思えない人のことって、応援できないから。



ぼくは、応援できる、応援したい人を見つけました。

ただ、ぼく一人で応援するだけじゃまだダメなんです。もっとたくさんの花屋にも応援のお願いをしなくちゃいけない。そして花屋だけではなく、お花が好きなお客さんにも応援してもらわなきゃいけない。



それが今年1年、ぼくの活動のテーマになるんだと思います。始まったばかりですけど、今日、ぼくはこの道が間違っていないことを確信しちゃいました。



…今、ぼくの活動の先を歩いている人を目を細めて探してみたら、松岡修造がいたのでヒヤッとしました。

あんなに熱くなれるかなぁ?
別窓 | 2011プロジェクト | コメント:0 | トラックバック:0 |
「オハナくんドットコムを使ってさらなるおハナ好きに」計画始動! このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-02-24 Thu 21:46
今日はお花屋さんの団体FFCNのメンバーお二方と、愛川園芸諸泉花園など神奈川の花農家4軒をまわる旅に行ってまいりました。

さんざん写真は撮ってまわったのですが、これのアップは明日にでも行います。事務所にカメラ置いてきちゃったのよ。アハハン。

ちなみにアップはfacebookの、FFCNfacebookページと、オハナくんドットコムの両方にアップする予定です。



でもさぁ。こういうこと言うと、バカにされちゃうからどうかと思うんだけど、でも事実だから言うんだけれどもさ。やっぱり僕みたいに花の経験が少ない人間じゃなくて、長いこと花屋をやっている人たちというのは花農家さんと話すことが違いますね~。

ある花が目の前に来たときに、自分が店をやっていてその花について疑問に思ったことなんかが、すぐにデータベースから引っ張り出されて的確な質問が出てくるわけですよ。

そうすると、花農家さんもやっぱりうれしいんだと思うんですよね。自分たちがやっている仕事を、遠くでちゃんと見てくれてる人がいるってことがわかって。

だからそういう質問をきっかけに、すごく話が盛り上がるわけです。



これがぼくにとっては結構悔しいわけですよ。ぜんぜん話についてけないのが。



ただこればっかりは経験そのものが大切なわけですから、悔しがってもしょうがない。とにかく経験をつむしかないわけです。



だから、やっぱり、昨日のエントリー、鈴木おさむ氏の言う、「好奇心を持ってどんどん経験した者が強い」ワケですよ。なのでこれからも、オハナくんドットコムという恰好のツールを片手に、どんどんお花を知るための旅に出かけたいと思ったのでした。

取材に来てもいいよ、という方はぜひお声がけ下さいね。
別窓 | 2011プロジェクト | コメント:0 | トラックバック:0 |
ルイ・アームストロングの曲が著作権切れてるんだ!? ~パブリック・ドメイン「ジャズ編」 このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-02-17 Thu 23:24
Essential Louis Armstrong


さて、昨日から急に燃え上がっております「パブリック・ドメイン」熱。

今日はふと、「クラシックがあるんならジャズもあるんじゃないの?」と思いつき、調べてみたらありましたよ、ジャズ。しかもルイ・アームストロングとか、ビング・クロスビーみたいなビッグネームがズラリ!

http://www.jazz-on-line.com/


実際に聴いてみながら思ったんですけど、ジャズには人の心を鷲掴みにして揺さぶるような、強引な強さがありますね。

情緒的なこともできるし、コミカルな表現が楽しい。

特に今回のミッションは、短い映像でイメージを伝えることなので、それを自然に、そしてかっこよく後押ししてくれるジャズっていうのは非常に親和性が高いです。



いやぁ、これでインタビュー前半をジャズでいい感じに盛り上げて、インタビューの締めを素敵クラシックでまとめられたらそれだけでかなりいい感じになりますよ~。



と、今日はこのへんでおしまい。

べ、別に眠いから早く終わらしちゃうわけじゃないんだからねッ

別窓 | 2011プロジェクト | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 「おもしろがり屋」樋口サトシのブログ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。